2015年10月05日

山陰本線 上夜久野〜福知山(2)

 福知山駅前で借りた電動アシストで鉄道遺産をめぐる。福知山から上夜久野に向けて走る。
道路と鉄道が斜め交差している箇所のレンガ橋台を持つ橋だ。
隅石もりりしい。

1DSCN8898.jpg

下から眺めたレンガ橋台の直行橋。こちらは隅石なし

2DSCN8908.jpg

プレートガータ(鉄桁)を載せた橋台

3DSCN8909.jpg

黒い隅石と褐色のレンガ(蛇ケ谷橋梁)
4DSCN8913.jpg

アーチは少ないのは承知していた。この橋を撮り峠を登る。ひたすら上る。
そして右折路を見落としたのか。真っ逆さまという具合に峠を下る急坂道。
出たところはとんでもないところ・・・
戻る元気もない。
スマホのナビを見ながら線路に戻るべし。
ただただ田園
5DSCN8916.jpg

そして、戻るべき一路のトンネル(ゆずりトンネル)
6DSCN8918.jpg

大廻りした。下夜久野駅前を通過したのは12時10分前。(はや3時間!)

20151005_203910235.JPG

流れ橋なのだろうか。
渡ってみたところでレンガ橋台のコンクリート桁橋を見つけた。

7DSCN8924.jpg
このレンガ橋台の橋で昼食

さてさて、この入口、台形をさかさまにしたような感じ。
目の錯覚かと思ったが・・・

入口、出口方向の坑門面壁
9DSCN8929.jpg
150cm下がりで6cmほどの勾配(25分の1の勾配)

側壁
10DSCN8930.jpg
150cm下がりで10.5cmの勾配(14分の1の勾配)
直方体の橋台と思っていたら角錐台なのか・・・

こんな発見もいいもんだ。



posted by たけちゃん at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

山陰本線 上夜久野〜福知山(1)

 土曜日、上々の天気。京都駅経由で福知山駅まで行き、レンタサイクル。
前回の山陰本線 上夜久野駅から続きの鉄道遺産を探訪。
 朝7時前に摂津富田駅で乗車。京都駅で嵯峨野山陰線に乗り換え。特急で福知山駅に着いたのが9時前。
駅前の観光協会で電動アシスト車を借りる。
上夜久野駅往復は結構きつい。

キャプチャ1003.JPG

前回の高内東アーチの近くのレンガアーチは水路である。
長靴を持参。
Googleのストリートビューで鉄道沿いの道を探して何か所かの鉄道遺産が見ることができる。
ところが道の起伏はわからない。
自転車での探訪は道のアップダウン。峠越えのきつさを知らされる。
秋とはいえ汗だく。
天高き空のもと自転車を漕ぐ

DSCN8917.jpg

探訪!レンガ橋台や橋脚。秘境のまんぼかと言いたい幅員7m62cm、長さ約48mの巨大レンガアーチ!
しっかり堪能。

DSCN8905.jpg

DSCN8914.jpg

DSCN8933.jpg
DSCN8935.jpg

DSCN8999.jpg

往復60kmは走った感じ。
電動アシストも行きのコースでほぼ電池を使い切る。
健康のためとは言え、ちょっとしんどい。
・・・で、今日は休息・・・

今週はそれらをぼちぼちまとめよう。
posted by たけちゃん at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

山陰路ウォーキング(和田山駅から上夜久野駅)

 先週、日本海側の竹野駅近傍に行く途中、電車は和田山駅で車両切り離しのため一時停車した。
そこからレンガ造りの機関車庫が見えた。
そこで、和田山駅からウォーキングして鉄道遺産を探訪することにした。

wadayamawalk.JPG

1DSCN8736.jpg

4DSCN8733.jpg

3DSCN8732.jpg

かなり痛んでいるし屋根もない・・・撤去することもできず保存することもままならず。
建て直すこともしない。持て余し気味にも見えるが、いつかは綺麗に修繕・保存してほしいものだ。

円山川を横断する10連橋の橋台はレンガ造り。橋脚は円柱型で石積みであった。

7DSCN8747.jpg

8DSCN8748.jpg

その先、スパン5,6mの橋梁にレンガ積橋台の構造物が多数あり、ご丁寧に撮影。

簗瀬駅の近くにレンガアーチが2基あった。
■簗瀬北アーチ橋

DSCN8800.jpg

DSCN8802.jpg
清流が流れている。裸足になってアーチの中に入ってみる。涼しい。
撮影と計測。
木陰で休憩。

簗瀬駅をはさんで簗瀬南アーチ橋
DSCN8811.jpg

DSCN8808.jpg

DSCN8810.jpg

坑門は石積みのS型まんぼ。
2番目の写真をよく見ると右側が高く左側下がりになっている。
斜めに交差している証拠だ。
もっと角度があればねじりまんぼになっていたはずだ。

田園を貫く山陰本線は山の際を走っている

DSCN8831.jpg

DSCN8839.jpg

いくつかのレンガ橋台を撮影していくうち線路はトンネルの中に
人と車は山を迂回しながら登る。夜久野峠。
峠を越えて高い築堤を走る山陰本線をとらえた
あの築堤斜面を刳るアーチがあるはず。目を凝らしながら歩く。

■高内東橋梁
DSCN8858.jpg
南門  アーチ上に石積み1段 アーチはレンガ5巻き
DSCN8860.jpg

DSCN8861.jpg

DSCN8868.jpg

北門  アーチ上5段の石積み
DSCN8871.jpg

ここも面壁は石積みのS型まんぼ
ところで南坑門でアーチ上部から石は1個積み。北坑門では5段積み
こういうのは初めてだ。
築堤の法面長さが違うということだ。

帰りの電車の時間もあるが計測。

DSCN8875.jpg

人も車も少ない。そんなところに案内看板があった。
玄武岩の露出部。
DSCN8877.jpg

DSCN8881.jpg

豊岡の玄武洞は有名だがウォーキング途中にも玄武公園の行き先看板もあった。
とにかく電車に乗り遅れると1時間待ちだ。
歩く

DSCN8884.jpg

田園と青空。日常にない光景と新発見。
シルバーウィークでウォーキング兼レンガまんぼ探訪
しんどいけど良かったかな。

上夜久野駅に3分前に到着!
(翌日は1日、家で体力回復のため休養わーい(嬉しい顔)


posted by たけちゃん at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

山陰本線 竹野川橋梁

 切浜のレンガアーチを採寸してウォーキング再開。
山道を降りてくると山陰線のトンネルの一角が見えた。

DSCN8684.jpg

DSCN8688.jpg

山陰本線のレンガアーチもさることながらレンガ造りのトンネルも現役なのだ。
ようやく竹野駅に到着。14時50分。

DSCN8693.jpg

ここから竹野川にかかる竹野川橋梁が目当て。1km先なのか2km先なのか。
16時の電車に乗らないとまずい。次の電車は17時5分。1時間10分で行って、撮影して戻る。
間に合うか?

DSCN8697.jpg

第1須谷橋梁、第2須谷橋梁という小橋があった。
DSCN8701.jpg

DSCN8702.jpg

須谷避溢橋梁
DSCN8703.jpg

どれもレンガ造りの橋台やら橋脚。プレートガーターは新しい。

DSCN8708.jpg

まだか、まだかと思い歩く。
そして見つけた。
DSCN8715.jpg

DSCN8716.jpg

DSCN8717.jpg

ラチス橋というそうだ。
プレートガーターのかわりにアングルを格子状に組んだ桁だ。
ネットでこれを見たとき、見にいこうと思った。

DSCN8720.jpg

DSCN8727.jpg

DSCN8728.jpg

かって洪水でその径間のプレートガーターが流された。
ところが修繕するのに、鉄材不足の時局にあり格子状構造物となったというもの。

目的達成!
あとは電車に間に合うよう駆け足!
posted by たけちゃん at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

山陰本線 佐津駅〜竹野駅

 安木川橋梁から30分で峠にさしかかりやっと下り道。歩くこと10分で小さな橋梁があった。第二相谷川橋梁。
1s1.jpg

1s2.jpg

さっきの安木川橋梁のレンガ橋台には隅石がなかったがこちらはしっかり組み込まれている。
斜め横断しているのか橋台の隅角は直角でなく鋭角的だ

1s3.jpg

1s4.jpg

すぐ先に国道を横断する「第二相谷川橋梁」があった
2s1.jpg

2s2.jpg

相谷川にかかる双子橋梁か・・・

歩を進める
何やら黒い雲が。パラパラ雨が!
信じられない!天気予報は晴れなのに。雨具はなし。店はなし。左に日本海。右は斜面。心細いものだ。
屋根付きのバス停で雨をやり過ごし小休憩。

3DSCN8658.jpg

3DSCN8659.jpg

3DSCN8663.jpg

おや!!
3DSCN8664.jpg

洞窟や!後で調べると「淀の洞門」というそうだ。

鉄道線路ははるか向こうの陸側のトンネルにある。こちらは「山陰海岸ジオパーク」なのだ。

4hasakari1.jpg

トンネルの横の海に奇岩「はさかり岩」がある

4hasakari2.JPG

カニのはさみが海より突き出て崩落してきた岩をつかんでいるように見えるという

目的の一つ切谷橋梁に出た!
ということは浜須井橋梁を見落としたようだ。(調べたら雨休憩したところを陸側に登ればあったはず)

痛みの少ないレンガアーチだ

krihama0.jpg

kirihama1.jpg

kirihama2.jpg
欠円アーチでないの?
5段アーチというのもなかなかない。長いし広い。大型レンガアーチだ

kirihama3.jpg

kirihama4.jpg

人通りもない

早速採寸。
図面化したらやはり欠円アーチだ
kirihama6.JPG

奥行34.5m

mm単位で表示しているけど、一人で計測しているから寸法値の正確さに欠けるからおおよその数値と思ってもらいたい。
posted by たけちゃん at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

山陰本線 佐津駅

 シルバーウィーク突入。全く計画もせず、前の晩、どうするかネットで調べながらも寝てしまった。
朝一番、日本海の山陰本線に行こう!と思い立つ。
 バタバタと時刻表を調べる
京都駅8時36分発 きのさき3号で福知山駅へ。こうのとり1号に乗り換え豊岡駅へ。(豊岡駅着10:54)
そこで各駅停車に乗り換えて佐津駅下車。11時半。京都からでも3時間。我が家からは4時間近い・・・
■佐津駅  無人駅
DSCN8575.jpg

ここからスタート。
レンタサイクルはしない。歩く。京都方面の竹野駅までにいくつかのレンガ製橋台とレンガアーチを見て、竹野駅を通り越して竹野川にかかる竹野川橋梁を見て帰る。帰りは竹野駅16時の電車に乗る。

佐津駅から数百メートルで佐津川橋梁
DSCN8578.jpg

DSCN8579.jpg

DSCN8581.jpg

DSCN8584.jpg

石積み橋脚はどっしりした感じがする。そしてこののぞかな光景。

訓谷地区のレンガ積橋台
DSCN8585.jpg

DSCN8586.jpg

近くの神社で村祭りなのだろうか餅つき大会をしていた。
ここは部外者は遠慮して歩く。
■訓谷の五輪塔
DSCN8589.JPG
坂道になり海岸を見下ろす
DSCN8596.jpg

魚の見張番の小屋
魚影を見れば下の村に旗で合図したという
DSCN8594.JPG

正直、海岸沿いを歩くのは知っていたがこうも坂、峠のある道を歩くとは思いもしなかった・・・

■香美町の安木川橋梁
DSCN8610.jpg

DSCN8614.jpg

DSCN8616.jpg

DSCN8618.jpg

DSCN8617.jpg

レンガいっぱい。

posted by たけちゃん at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

大仏鉄道の遺構(4)

 赤橋を抜けゴルフ場の横を抜けて大きな道路に出た。
奈良駅からこの道路を走ってきたら大仏鉄道の遺構など見ることもできなかった。
パンフの簡単なマップだから致し方ないとは思うものの「おかしい」「おかしい」と思っていた。
次に見た「松谷川隧道」はこの大きな道から外れたところにあり、個人の畑の前にあった。
同様にその次の「鹿川隧道」も同様だ。
畑への無断侵入などのトラブル回避もあり、位置表示も抑制したものであったのかもしれない。

松谷川隧道
DSCN8549.jpg

DSCN8542.jpg

DSCN8546.jpg

開口部はフェンスネットで閉じられ、奥はコンクリートで遮断されている

DSCN8539.jpg

DSCN8538.jpg

DSCN8543.jpg
中に入れないのは残念だ。面壁のレンガは焼過レンガと赤レンガで模様をなしている
アーチの隅石もきりりと整形されている。
きれいな隧道だ。

鹿川隧道
DSCN8551.jpg

DSCN8569.jpg

アーチの周りの面壁のレンガは殆どない。
馬蹄形の石が突き出たようにも見える。ここまで壊れたアーチ橋も初めてだが、実用に供されている。

DSCN8559.jpg

DSCN8567.jpg

DSCN8557.jpg

アーチをなすレンガはきれいだ

水路となっている。隧道の幅は1.78m。
DSCN8561.jpg

DSCN8571.jpg

張り出たレンガに板を載せ、歩けるようにしてあったのだろう。


posted by たけちゃん at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

大仏鉄道の遺構(3)

山道とは言うほどでもなかった道も少々勾配が出てきた。それに周囲も田んぼから竹藪に変わってきた。

DSCN8510.jpg

案内看板に従って自転車を漕ぐ
DSCN8511.jpg

「梶ケ谷隧道」から「赤橋」に行く
遺構の説明看板もしっかり設置してある。
DSCN8515.jpg
北側坑門
DSCN8512.jpg
南側
DSCN8514.jpg

レーザー測距器と巻尺で採寸。幅2.43m 石積みの側壁高さを測ったところ1.7m。そこでの天井までの高さが2.9m。(縦断方向にも勾配があり石積み高さは場所により違う)

DSCN8522.jpg

ハイキング道のようで車両通行もないようなトンネルだから内壁のアーチ煉瓦も汚れていない。
歩を進めると「赤橋」
赤レンガの橋台だ。
DSCN8535.jpg

DSCN8532.jpg

DSCN8533.jpg

橋台をつなぐ直方体の石に挟まれて丸太まで桁として並べてある。
廃線ならではの光景ともいえる。面白い絵と思った。
posted by たけちゃん at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

大仏鉄道の遺構(2)

 レンタサイクルはメンテ不足のせいでチェーンがキーキーという音がする。注油ぐらいしてほしいよ。
あれもこれも見落としながら終点の「加茂駅」へ。
 この加茂駅のほんの少し手前に「ランプ小屋」があった。これは見落とさなかった。

DSCN8481a.jpg

DSCN8482.jpg

DSCN8484.jpg

今、アップするとて壁面を見ていたら気が付いた
naz.JPG

イギリス積みといわれるレンガ積のはずがどういうわけか長手積みのなかに半分の大きさのレンガが組み込まれていた?
 なんか意味があるのだろうか?レンガ職人のちょっとした楽しみなのか?
(確か同じ関西本線の柘植駅にもランプ小屋があったはず。写真も撮ったはず。
比べてみよう)

加茂駅前のコンビニで休憩して逆戻り。
「大仏鉄道の遺構」の案内標識が出ていた。これに従って走る。
丁度、加茂小学校の裏手にSLが置いてあった。
DSCN8490.jpg
DSCN8488.jpg
車体には昭和13年製造の銘板が付いていた。
かっては深紅のSL電光(いなずま)号が走っていたこの線路。
汽車といえば「黒」というイメージが「深紅」
深紅のSL。どんなんやろ?

田んぼ道を通り抜けるころ「観音寺橋梁」に出た。
現役線路のすぐ横にある。
DSCN8507.jpg

DSCN8501.jpg

DSCN8508.jpg
posted by たけちゃん at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

大仏鉄道の遺構(1)

 台風一過。暑い夏も過ぎ去ろうとしている。
熱中症を避けてしばし家でゴロゴロしていた。久しぶりに「まんぼ探訪」。
どこにしようかと迷った挙句、ちょいと近場の「大仏鉄道」の鉄道遺産を訪ねることにした。

以前、関西本線沿いのレンガアーチを見に行ったとき加茂駅で「幻の大仏鉄道 遺構めぐりマップ」を手に入れていた。
この資料によると
「今から100年以上前「大仏鉄道」が走っていました。大仏鉄道とは、当時の鉄道会社「関西(かんせい)鉄道の加茂と奈良を結ぶ、わずか9.9kmの路線の愛称です」

つまり奈良の大仏さんを観光する最適ルートであったらしい。
そしてそこは「深紅の蒸気機関車「電光(いなずま)号」が駆け抜けた」と言う。
ただ、山間部を走行し問題も多く、後に平坦部につけかえられわずか9年で廃線となった。

そこにいまだにレンガアーチやら石積み橋台があるというので見に行ってきた。

daibutu.JPG

 JR大阪駅から大和路快速で奈良駅に行き、近鉄奈良駅近くでレンタサイクル。
資料のマップを見ながら行くも、見落としばかり。
1時間半で終点加茂駅に到着。どういうことや!?
 
 加茂駅でUターン。
そうすると結構、「大仏鉄道遺構めぐり」の手作り看板が出ている
DSCN8492.jpg
DSCN8494.jpg
DSCN8496.jpg
 (曼珠沙華が咲いている・・・秋だ)

案内板に従い走る。来た道は国道44号線を走ったが、実際はMAPで表せないような小道、山道だ。

いやいや想像もしなかった
畑の中のレンガアーチ
見落として当然というようなものばかり。
なかなか面白い。
歩くか自転車でないと無理。
■梶ケ谷隧道
DSCN8512.jpg
■赤橋
DSCN8536.jpg
■松谷川隧道の中
DSCN8537.jpg
■鹿川隧道
DSCN8570.jpg
posted by たけちゃん at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

図画工作  西平尾跨線橋

 13日から16日まで休み。
13日は大腸カメラと胃カメラ。あとはどこへ行くことも無い。
西平尾跨線橋をモデルとしておおよその形を作図しての「図画工作」の時間
仮にこちらを南坑門とする
のり面の石積み部は英字新聞、植生部は緑っぽい紙を貼ってある 

20150816_201803787.JPG
線路を歩くのは赤ちゃんトリケラトプス
架橋の上には忍者フィギュアと350万年前の「イガタニシ」

反対の北坑門。
断面に寝そべっている人の絵を貼った
20150816_201924156.JPG
坑門を接写し、三角の張り出し部を撮影
実際はどうなっているのか?
20150816_202031803.JPG

折角いただいた貴重なタニシ化石である。ペットボトルでケースを作り飾る。
20150816_203035979.JPG
posted by たけちゃん at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

伊賀上野のだんじり会館(鬼行列)

民俗博物館の向かいに「だんじり会館」がある。
入場してみた。

DSCN8349.jpg

だんじりは京都の祇園祭の山車の影響を受けたものという説明があった。

DSCN8352.jpg

DSCN8354.jpg

それで、おしまいかなと入場早々に「はやじまい」の予感がした。
それが、「鬼行列」に驚いた。
お祭りに鬼の行列?!

DSCN8355.jpg

DSCN8365.jpg
DSCN8366.jpg

DSCN8356.jpg

DSCN8359.jpg

DSCN8367.jpg

DSCN8364.jpg

鬼というより亡者のような異様な迫力

「毎年十月二十四日(足揃え)二十五日(本祭り)の伊賀上野菅原神社の秋祭りに、九台の楼車と共に、菅原神社の神輿に供奉し、その露払いの役割を果たし、悪疫退散と豊穣を祈念して練り歩く鬼行列は「上野天神祭のダンジリ行事」として、国指定無形未續文化財に指定されている」(「上野天神祭 供奉面」説明文)

伊賀忍者+「ねじりまんぼ」にしなかったレンガ造りの跨線橋
それに同じ天神祭といえ、難波の天神祭とえらい違いの鬼行列

なにか伊賀上野は異次元。独創性があるところだった。
posted by たけちゃん at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

西平尾跨線橋 NO!ねじりまんぼ

上野民俗資料館、だんじり会館に行ったあと、レンタサイクルで伊賀鉄道の茅町駅と桑町駅の間にあるレンガ造りの跨線橋を訪ねた。名前を「西平尾跨線橋」。

恐竜と煉瓦とセットで見るという塩梅。
DSCN8371.jpg
ゴージャスな橋だなあ
それくらいに思っていた

DSCN8377.jpg
伊賀鉄道の忍者列車も撮れた

DSCN8376.jpg
途中で屈曲点がある!
DSCN8374.jpg
欄干も煉瓦でデカい

鉄道と道路が斜め交差しているではないか
キャプチャ08021.jpg

本来なら「ねじりまんぼ」にしてもよいものを・・・
びっくり!

レンガを斜めに積むねじりまんぼによらず、レールに対してアーチの軸を直行させる「正アーチ」にしている。
正アーチにしたので坑門が凸凹になっている。

DSCN8381.jpg

三角の張り出した屋根のような出っ張りを作り道路の幅員を確保している。
この張り出しはどういう構造なのだろうか。単にレンガ造りだけでは強度的に無理だろうと思う。
鉄筋でも差してあるのだろうか。(鉄筋レンガ工。それも面白い)
それとも鉄筋コンクリートで補強してあるのだろうか
大正11年ころの建設と考えられるから、そういう工法もありかなとも思う。

不明だ

アールをとるのに通常なら弧状レンガできれいなアールをとるのにそれもしていない・・・
直線部は長手積みでアール部が小口積み。
弧状レンガにして欲しかったな。

キャプチャ11111.jpg

とにかくねじりまんぼにしなかったレンガ跨線橋ということで、独創的な構造になっている。
posted by たけちゃん at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

上野歴史民俗資料館 タブリンとイガタニシ

 先月、伊賀上野の関西本線の鉄道遺産を探訪するべく自転車でウロウロしたが、この猛暑。
自転車でうろつくのは最小限にしよう。
摂津富田から何回かの乗り換えと電車の待ち合わせをして列車でJR伊賀上野駅についた。
そこで伊賀鉄道で伊賀線「上野市駅」へ

DSCN8406.jpg

DSCN8324.jpg

本日の目的の一つは
 上野歴史民俗資料館に行き「恐竜の木製骨格模型」の展示を見ること
恐竜模型を作るとき「タブリン氏」のブログ「タブリンの窓」を参考にしたものだ。
どうも高槻北部在住で学校の先生であるようだが、2014年2月の奥様の入院の記事を最後にブログが切れた。
それが、伊賀上野城のすぐそばにある民俗資料館で氏の木製模型が展示されているという記事を読んだ。

DSCN8327.jpg 

「恐竜と世界の化石 2015」
DSCN8328.jpg

DSCN8332.jpg

DSCN8336.jpg

DSCN8329.jpg

展示場では化石をクリーニングしている方が懇切にパネルを説明してくださった。

やってみませんかと誘われた。
タニシだそうで350万年前から400万年前にこの近辺で発掘された化石だそうだ。

DSCN8411.jpg

タニシを包む砂岩はカッターナイフで容易に削れる。

この地は350万年前から400万年前に大きな湖があったそうな。大山田湖と命名されている。
ミエゾウ(三重象)という像の化石も出ている。
この湖が時代とともに埋まり、また北部に同様の湖ができ、それが繰り返し今の琵琶湖ができたとおっしゃる。

最後はたくさん出るからと言い、プレゼントされた。
紙の品名用紙をつけてくれた
家で読み返す

名前:イガタニシ
場所:伊賀市平田 古琵琶湖層群 上野累層
  KITADA

帰りネットで検索したら今日のチューターはこの地方で化石を発掘されている北田先生だったようだ
posted by たけちゃん at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

東皿池橋梁

 阪急夙川駅から夙川沿いに歩き、JRの守具川橋梁を撮影。そのまま川沿いを行くと夙川橋に出る。
そこを右折。国道2号線。炎天下。人も車も少ない。

「森具」という交差点があった。帰宅して調べたらもともとは「守具」
”もりぐ”の守が森に変わったという。
守具川(しゅぐがわ)が夙川に変わったように変化が大きな土地柄なのか・・・

073011.JPG

ちなみに行こうとするねじりまんぼの東皿池橋梁はレンガ模様のビニールシートでコーティングされている。
ねじり具合は見られない。
友人アルファーはすでに探訪しホームページに詳しい。

DSCN8308.jpg

DSCN8309.jpg

DSCN8310.jpg

下図は今昔マップから得た1892年〜1910年ごろの地図
(ねじりまんぼ建設は1874年(明治7年))
073022.JPG

鉄道が田んぼの真ん中を通り分断されたため用水路の暗渠として設置されたのだろう。
時代が過ぎ、田んぼも埋立てられ道ができ、暗渠も人が通れるよう加工したのだろう。

DSCN8306.jpg

ねじりまんぼ前の頌徳碑は交通安全云々とあり昭和4年建立とある。歩道化されたのはこの時なのだろうか。

コーティングされて肝心のレンガが見えないのはつまらない。
ただ、こうした地図や地名を見て楽しめるとは思いのほかであった。
posted by たけちゃん at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

夙川へ 守具川橋梁

 猛暑が予想される。しかし、家でゴロゴロしていても肥えるばかりだ。
8時半に家を出て阪急電車に乗った。ねじりまんぼの一つ「東皿池橋梁」を見に行くことにした。
十三で阪急神戸線に乗り換えて夙川(しゅくがわ)駅で下車。家から1時間ほど。そこから歩いて行く。

mapsyukugawa.jpg

夙川駅を降りるとすぐ川があった。水は澄んでいて水量もある。ほぼ、この川沿いに歩いているとJRが横断している。橋梁に書かれた橋梁名は
 「守具川橋梁」 これも「しゅくがわ」と呼ぶのだろう
DSCN8299.jpg

DSCN8303.jpg

DSCN8302.jpg

DSCN8305.jpg

この石積み橋台の切石と切石との隙間、目地部がいかにも広い。いままでのものとちょっと違う。
いつの時代のものか?明治の鉄道運開時のものか、ずっと後世のものか?

JRの近い駅名は「さくら夙川駅」
なるほどこの堤防沿いは桜並木だ。
真夏よりかは桜の時期こそ良いのだろう。しかし、六甲山系の山水なのだろう。澄んでいる。
posted by たけちゃん at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

福井へ(3)恐竜博物館

今回の福井探訪の目的地、福井県立恐竜博物館到着
駐車場は満杯。子供にあふれている!

DSCN8275.jpg
DSCN8276.jpg

夏休みに向けて恐竜博物館は特別イベントが開催されている。
【恐竜博物館開館15周年記念特別展】「南アジアの恐竜時代」
     ----タイ・ラオス・中国から世界・日本発公開も恐竜が日本に集結! ----
■タイのプウィアンゴサウルス 1982年発見
DSCN8280.jpg
DSCN8281.jpg
DSCN8283.jpg

DSCN8282.jpg
※右隅に私が入っている

復元模型
DSCN8285.jpg

それと事前に博物館セミナーが19日にあるというので受講を予約していた。
 博物館セミナー  「地球と生命の物語(3) 恐竜時代の哺乳類たち」
  7月19日(日)    13:00〜14:30
 ■内容  恐竜時代の哺乳類には私たちがイメージする以上に、様々な生活に適応
    したものがいました。北谷の化石も紹介しながら、哺乳類の初期の進化
    について紹介します。
 ■場所  研修室
 ■講師  福井県立大学准教授 宮田和周

DSCN8292.jpg

 60人くらい入れる教室に30人ほど。小学2,3年生から私のような60台。男性も女性も区別がない。
タイトルにあるように恐竜時代にネズミのような形をした哺乳類がいた。
昼間、大地を闊歩する恐竜の森を夜、こそこそと這いずる回るわれらが先祖は、地上の王者と「棲み分け」していた。
 恐竜絶滅の隕石衝突にも小さな体躯の彼らは穴の中でひっそり延命した。
さて彼らは小さいがゆえに化石にもなりにくい。化石になる前に消滅してしまう。
残りやすいのは「歯」だそうだ。ネズミの歯を想像すればわかりよいが、きわめて小さい。
 その歯の形状で恐竜時代の哺乳類が分類されるという。その歯の拡大したレプリカが受講者に回される。
歯の形状の凸凹具合は確かに違う。
ちまたの本にも乗らない最先端の話がこうした「好きもの」の前に開陳される。

常設展示場に回り恐竜君に表敬訪問

DSCN8290.jpg

DSCN8297.jpg

DSCN8298.jpg
posted by たけちゃん at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

福井へ(2)旧京都電燈古市変電所

 えちぜん鉄道で勝山に行く途中に永平寺口駅がある。
ここでバスに乗り換え永平寺に行く。
最近、この永平寺口駅も改装されきれいになった。何より駅のすぐそばにあった怪しげな煉瓦造りの建屋が、見違えるほどきれいになった。
 今回は恐竜博物館もさることながら煉瓦大好き人間として立ち寄ってみた。

永平寺口駅
DSCN8274.jpg

煉瓦建屋の前には「旧京都電燈古市変電所」とある。大正3年に建造。電車を運行するための変電所。
DSCN8255.jpg
DSCN8264.jpg
DSCN8261.jpg
DSCN8260.jpg
DSCN8263.jpg
DSCN8262.jpg
柱の装飾
DSCN8266.jpg
DSCN8265.jpg
DSCN8267.jpg
DSCN8268.jpg

建屋の前には鉄構が立ち電線やがいしが装着されていたはずだ。多分この木のあたりになるのだろうか
DSCN8269.jpg

DSCN8270.jpg

むふふ・・・
DSCN8273.jpg
posted by たけちゃん at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

福井へ(1)

 19日(日曜日)に福井県立恐竜博物館へ行く。
夏休みイベント「南アジアの恐竜時代」がある。

 JRで福井駅まで行きそこからえちぜん鉄道に乗り換え終点の勝山で下車。バスで10分ほど。
17,18日の雨台風。18日は終日運行中止と異例の状況。19日の今日も、動くかどうか不安であった。
やはり、乱れ気味。到着が遅れる。
えちぜん鉄道にスムーズに乗れず30分待ち。
そうだ、福井駅前には恐竜が来たはず。

壁をぶち破るやつ
DSCN8244.jpg
DSCN8245.jpg
 今でも出てきそうだが「だまし絵」

駅前はまだ工事中だが、駅舎の壁面に恐竜図。こんな絵の描いた駅ってないと思う。

DSCN8246.jpg

駅前広場に勝山で発見された恐竜たち
2本足がフクイラプトルで肉食、真ん中の黄色いのがフクイサウルス。草食。
首の長いデカいのがフクイティタン。動くし、鳴き声がする!驚き

DSCN8247.jpg
DSCN8248.jpg
DSCN8249.jpg
DSCN8250.jpg
DSCN8251.jpg
DSCN8252.jpg
 
posted by たけちゃん at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

亀岡へ(3)

 トロッコ亀岡駅
DSCN8192.jpg

トロッコ亀岡駅に隣接するように鉄橋があった。レンガ製の橋脚に橋台。
鵜の川を横断している。
丁度、トロッコ電車が橋を渡るところも撮影できた。

DSCN8193.jpg

DSCN8226.jpg

DSCN8225.jpg

オールを持ち、ライフジャケットを着た一団のあとを見ればすぐ先の川でリフティングをしている。
DSCN8222.jpg

ラフティングするゴムボートの横を穂津川下りの和船が抜いていく
DSCN8212.jpg

ここでUターン
亀岡の城跡公園たる南郷公園に立ち寄る
DSCN8234.jpg

DSCN8237.jpg

コンビニで清涼飲料水を補充。休憩。
帰ろう・・・
坂道だ。2時間半・・・
何度も降りて自転車を押して。
途中、亀岡と茨木の境あたりでまたシカに遭遇。

DSCN8243.jpg



posted by たけちゃん at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする