2016年04月14日

蹴上のねじりまんぽ記事

学生の頃からの友人アルファーの紹介で朝日新聞の記者と会ったのは先月の28日。
アルファーは期末で忙しいというのでお鉢が回ってきた。
こっちも11月から忙しかったが、ようやく落ち着いたところ。28日は病院での定期検診のため休暇をとっていた。

記者は約束の3時丁度に我が家にみえた。
小野田滋の「鉄道と煉瓦」「関西鉄道遺産」ピカピカの2冊とダウンロードした「斜架拱」を持参していた。
電話で話したとき「鉄道と煉瓦」と「斜架拱」の話をしていた。すごいやん。よく手に入れたもんだ。

自作のねじりまんぼの粘土の模型やらペーパークラフトやら取り出し説明。
帰りは近くのねじりまんぼ「門の前橋梁」に案内。

それから何回かメールで質疑応答

なかなか熱心な記者だった。

13日の夕刊「まだまだ勝手に関西遺産」の「ねじりまんぽ」でちょこっと登場。

20160414_223630671.JPG

「蹴上のねじりまんぼは回し過ぎ」という話が紹介された。
間違いなく回し過ぎ。

琵琶湖疎水を引き、水資源を開発し、水力発電を起こし、そこで電車を走らせる。
疎水の水上交通をするに、インクラインという傾斜鉄道を引く。行きは下りでいい加減の舟も帰りはきつい。そこで水路勾配がきつい所で舟を台車に乗せ引き上げる。
引き上げるウインチはもちろん蒸気機関でなく起こした電力を使う。

革命的な工事だ。このインクラインをくぐる通路がレンガでできたアーチ。
「ねじりまんぽ」だ。

水力発電の圧力鉄管が背後に見えるねじりまんぽの西側坑門の扁額には「陽気発処」。
今にも電気が起き大気もゆらゆらしそうな感じ
東側は「雄観奇想」。舟だ、電車だ、電気だ。電燈だ。ダイナミックな都市変革。
この光景は新たなる夢を与えるものだ。

DSCN0049.jpg

DSCN0066.jpg
そうだ、ねじりまんぽも巻いてしまえ。
回れまわれのねじりまんぽ
面白いやん。若き傑人がそう考えてもいいやん。
そんなことを書いたのは7年も前の話。

あれからレーザー測距器やらデジタル分度器、角度計という測量ツールを使うようになった。
アルファーは記録をまとめ、ホームページに整理している。

今やねじりまんぽで検索ヒットするホームページはアルファーのものだろう。

初めての経験であったが面白かった。
回り過ぎたねじりまんぼのレンガの配置図を紹介しないと言葉足らずという気もしている。
おいおいそれも書きたいと思っている。

まずはアルファーと記者さんにお礼を。


posted by たけちゃん at 22:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

東除川橋梁(ねじりまんぼ)採寸

20160410_130727290.JPG

長さは右側壁、左側壁でそれぞれ計測 12m82cm

上流側坑門、下流側坑門で正径間長 a、斜径間長 bをレーザー測距器で測る。結果は上図の通り
坑門角=斜架角=θ=asin(b/a)=70° ここでasinはアークサイン。
ここからレンガの傾斜角(起拱角)の理論値βは
β=ATAN(2÷(3.14・tanθ))    ATAN;アークタンジェント
計算するとβ=13°
スマホの角度計アプリでレンガ起拱角を実測していた。これは20°位。個々のレンガでばらつきや測量誤差もある。そこで一応20°

アルファが作図したグラフ
gr1.JPG

ややねじり過ぎのねじりまんぼである。

これだけではちょいとつまらない。
坑門中央でアーチの頂点にあるレンガのコースをたどってみた。

コース.JPG

目で追いスプリングライン(側壁天辺)との交点を求める
DSCN0197.jpg
DSCN0198.jpg
下流坑門から4.15m。(点M)

これをねじりまんぼの展開図に書き込んでみる
0410zu.JPG

上流側坑門中央の点Nから点Mの線分がレンガの経路(コース)である。
スプリングラインとのなす角は19°34’31”。約20°である。スマホで測った結果と同じだ。
be-ta 1.JPG

be-ta2.JPG

展開図の線分NMを写真で撮ったという感じ。
posted by たけちゃん at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

東除川橋梁(ねじりまんぼ)大阪狭山駅

 3月、アルファーと一緒に東除川橋梁を探訪したが、暗渠の長さを測り忘れた。
それと、斜径間長が何か感覚的に短い気がした。ここもついでに確認しよう。
宿題を片付ける意味で再訪。

 前回はアルファーが車で連れて行ってくれたが今日は電車で一人行動。
阪急電車で天下茶屋まで行き、南海電車に乗り換え。大阪狭山駅で下車。徒歩数分のところだ。丁度1時間。

DSCN0212.jpg

DSCN0201.jpg


DSCN0197.jpg

DSCN0184.jpg

帰り狭山池に寄る。
DSCN0222.jpg

DSCN0223.jpg
posted by たけちゃん at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

蹴上のねじりまんぽ 長さ

 期末で多忙であった。このときこそと休みをとり3連休にした。
まず、蹴上のねじりまんぽの長さが測れなかった。これを測りたい。
アルファーと行った大阪狭山のねじりまんぼ(東除川橋梁)でもまんぼ延長を測り忘れた。
狭山の東除川橋梁へ行くか、蹴上に行くか?
DSCN0108.jpg
まずは蹴上を片付けよう。
今度は反射板を忘れないぞ。
桜は昨日の雨で幾らか散ってはいるが、花見客、観光客で今日もインクラインには人が多い。
ねじりまんぽを撮影する人も多い。

人の途切れるのを待ってレーザー測距器で計測。
L=18.31m (@18.309mA18.309mB18.313m)

蹴上のねじりまんぽは
正径間a=2.54m 斜径間b=2.66m 斜架角θは計算すると76.7°
別のところでa,b寸法を測ると2.58m,2.67mでθは75.1°
隅角部でデジタル分度器で計測したら74.7°
この3つのθの平均値は75.5°
ここから起拱角βが算定される。βは9.4°
ところが実測すれば18°位

理論値の倍近い角度でねじっている。

DSCN0121.jpg

やはり、蹴上のねじりまんぼはねじり過ぎ。
間違いない
cf:2010年7月19日のブログ結論と同じ
ちょいと安心

DSCN0122.jpg
posted by たけちゃん at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

蹴上のねじりまんぽ

 金曜日・・4月1日・・の夜、「ねじりまんぽ回答」を書く。
鳥谷川橋梁のねじり具合について書いた。
 明け方、「そうだ!蹴上のねじりまんぽに行こう!」と思い立つ。
蹴上のねじりまんぽは観光客の往来が多く、立ち止まって写真を撮るのも、採寸も難しい。
朝一番ならできるかも・・・そういう一言がよみがえった。
 
 阪急電車の始発が5時半。丁度1時間で着く。急ぐ。駅に着くと同時に京都行の電車が入線してきた。
席に座り忘れ物がないか点検。カメラを忘れたら最悪。「・・・。忘れた」カメラでなく画板。測距器の反射板に使う。まあ。いいか。これが今、思えば禍根となった。

 DSCN0048.jpg

桜満開。人いっぱい。

DSCN0070.jpg

朝6時半だよ。
中国人観光客がほとんど。ハネムーンなのか、なんなのか。カップルにカメラマン。反射板まで使う。
プロのモデルのようにも見えないが。

DSCN0072.jpg

DSCN0051.jpg

人の往来が途切れたときに採寸。計測

20160403_54147331.JPG

DSCN0054.jpg

DSCN0062.jpg

上の写真の左側で角度計測
DSCN0075.jpg

入口、出口で正径間長、斜径間長を測る。
反射板が無いので、ねじりまんぽの長さは測れなかった。残念。

関数電卓で正径間長、斜径間長で斜架角、起拱角を計算。
「了解!」満足いく数字だ。

朝の8時半のこの界隈。まだどこも開園、開場前。
トイレもない。
帰ろ。
posted by たけちゃん at 06:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

大崖川橋梁(関西本線 柘植〜加太)

大崖川橋梁。
以前、大和街道架道橋には来ていた。この「大崖川橋梁」というのは後で知った。
「でかい!」
幅員は7.58m 側壁は石を10段積んである。この高さは3.33m
天井までは7.12m
そして長さは70m
長い。今まで見た中では一番長いのではなかろうか。
■北側坑門
石積みの面壁である。
koumon1.jpg

hokyou.jpg

hokyo2.jpg

鉄製アーチで補強されている。

■南側坑門
koumon2.jpg

■側壁とアーチ
DSCN0023.jpg

DSCN0028.jpg

DSCN0033.jpg

護床工
DSCN0025.jpg

清流である。
posted by たけちゃん at 20:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

蛇谷川橋梁(関西本線 柘植〜加太)

 加太駅で時刻表を確認し歩を進める。
目指すは「蛇谷川橋梁」

キャプチャ0326map.JPG

猪本橋より河原に降りて上流側に歩く。清流である。
右側から流れ込んでいるのが目的の蛇谷川だ。
岩盤は水流でえぐられている。

20160328_204244726.JPG

20160328_204205636.JPG

レンガで凸凹の装飾を施している。
関西本線のレンガアーチには装飾性が高い。

20160328_204126213.JPG

アーチは4巻き。4巻きで44cmはやや狭い。東海道本線では47cm。レンガが小さいのだろう。
第1、第4アーチは黒っぽい色をした焼過レンガを使う。

20160328_204620365.JPG

隅角部や側壁下部にも焼過レンガで模様を付けている。

DSCN9970.JPG

20160328_204853480.JPG

20160328_204738744.JPG

上流側坑門は流木が「壁ドン」状態
洪水時の水位なのだろう。

20160328_205039767.JPG

20160328_204938913.JPG

採寸し図化した。
幅 3.66m 長さ15.5m  側壁(レンガ部)1.82m その下に石。石の天端より25cm下に水位


3D蛇谷川橋.JPG
posted by たけちゃん at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

関西本線 関駅から加太駅方面を歩く(矢穴石)

 鉄道遺産巡りで加太付近まで行っていたので、区切りのいいところで関まで巡ることにした。
関駅の近くの「道の駅」にレンタサイクルがあるとネットに乗っていたのだが、廃止されていた。

■関駅(三重県)
sekieiki.jpg

どうしようもない。歩くしかない・・・
人も車も少ない。天気だけが味方。たまにサイクリングの一行と行きかう。
DSCN9877.jpg

レンタサイクルなら加太まで行っても結局戻らないといけない。時間的にはメリットは大きいとは言えない。
だが、今朝は疲れも残り筋肉痛だ。しかし成果はあった!
歩くだけではない。リュックサックには川に入れるよう長靴が入っている。
実際、歩くだけでなく、川に入り歩き、そのまま山に上がり、人目も少ないから長靴で歩き、最後は時間がないので走り・・・
いい運動になった。

大和橋公園を抜け、しゃがんで入るほどの小さな石積橋をくぐり、「あんまりいいものはないか」とも思い鈴鹿川沿いを歩く。
「おや!」
矢穴だ。間違いない。

stone1.JPG

stone2.jpg

河原に降りて確認。やっと元気!ちなみに石のあたりの足跡は多分イノシシか?

立派な橋脚を持つプレートガーダー橋にも会えた。
tetukyou0326.jpg

そうこうしているうちに今度は現代の矢穴を持つ石が河原にあった
stone3.jpg

面白い対比やと思いつつ歩を進める。こうなれば矢穴石はもっとないかと思う。

再発見
stone4.jpg

stone5.jpg

中部電力の50万ボルト送電線「伊勢幹線bP05」。6導体の走りの大型鉄塔。ここで昼食。

isekan105.jpg

以前来たレンガアーチの市場川橋梁を再訪問。

加太駅に到着。時刻表を確認。1時間に1本か。
kabutoeki.jpg

加太駅から柘植駅に向けて歩く
蛇谷川橋梁を探訪が今日のメインの一つ
川に下り撮影と採寸。

次は大崖川橋梁へ
大きい。幅は約7.6m 長さ70m。高さ7.1m
撮影と採寸
posted by たけちゃん at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

東除川橋梁(ねじりまんぼ)

昨日、アルファーから大阪狭山のねじりまんぼである「東除川橋梁」を見に行く誘いを受けた。
9時半に奥様を乗せた車で我が家に。

上天気だ。
フィールドワークというか川に入るから作業着に長靴持参。

DSCN9850.jpg

DSCN9838.jpg

DSCN9837.jpg

斜めに積まれたレンガ。これがアーチを形つくる。水平に積んである部分が側壁になる。
DSCN9841.jpg
写真を撮り、計測する。

higasiyokekawa.JPG

足を延ばして和歌山城のそばの岡公園にも行く。

和歌山城
DSCN9864.jpg
posted by たけちゃん at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

関西本線 柘植駅付近

21日、JR草津線の油日駅で自転車を借り柘植駅を過ぎたところにあるレンガアーチを見に行った。
せっかくだからねじりまんぼの鳥谷川橋梁にも行った。

 ■山の田川橋梁
1DSCN9770.jpg
面壁はモルタルで塗られていた。水路であり、中に入ることはできなかった。

■後黒見川橋梁
北坑門は綺麗なレンガ積
直径 2.59m(8.5フィート)
2DSCN9789.jpg
南坑門
3DSCN9776.jpg
内部
4DSCN9790.jpg
側壁は石積み
6DSCN9786.jpg
普通はレンガアーチと側壁はツライチなのに壁面が10cm出ている
初めてかな。こういう例は

このアーチは接続されている
5DSCN9781.jpg

南側 15.4m 北側 4.15m

ウイングの石積みも修復されたようだ
7DSCN9795.jpg

通行できるようにコンクリート板で塞がれている。しかしアーチ先の水路には護床用の石が敷かれている。
関西本線のレンガ遺産はいろいろ興味が惹かれる。

自転車で10分足らずに鳥谷川橋梁がある。今回3度目の訪問

s1DSCN9801.jpg

s3DSCN9810.jpg

s2DSCN9811.jpg

この鳥谷川橋梁にも護床石畳がある

DSCN9803.jpg

s-map(tuge).jpg
posted by たけちゃん at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

山陰本線 船岡駅〜八木駅を歩く

 18日(金)は休みが取れたので朝一に家を出て、京都から山陰本線船岡駅まで行く。
園部駅までは6両連結だがそこで最初の2両と切り離す。後ろ4両は園部まで。先頭2両がこの先、胡麻駅まで行く。
 目的地、船岡駅は園部駅の次の駅。
DSCN9638.jpg

DSCN9642.jpg

船岡駅の京都側200m位にトンネルがある
DSCN9645.jpg
う回路を歩きトンネルの他方の坑門を見る
■諏訪山トンネル
DSCN9652.jpg

今日は付近にレンタサイクルする店もないので歩いて鉄道遺産を見て回る
(船岡駅〜園部駅〜吉富駅〜八木駅:約15km)
DSCN9654.jpg
この手のショートスパンのレンガ橋台が多いのだろう
■神田川橋梁
DSCN9673.jpg
本日見た中で例外的なプレートガータ。

DSCN9695.jpg

■さんいん063
DSCN9711.jpg
比較的大きな橋だ。レンガ橋台もきれいだ。
左側は色も鮮明だし改修したのかもしれない。

■八木の木材市場
DSCN9720.jpg

DSCN9723.jpg

せっかく八木まで来たので以前来たねじりまんぼ「第91号」も再訪
http://daybyday-work.seesaa.net/article/391094408.html
http://daybyday-work.seesaa.net/article/391281078.html
http://daybyday-work.seesaa.net/article/391437765.html

廃墟感が増している
DSCN9738.jpg
蔦の向こうから地下へ降りる

中は真っ暗
DSCN9747.jpg

DSCN9740.jpg

DSCN9743.jpg

ねじれ具合は最高だね
posted by たけちゃん at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

寒い!

今朝も北摂山系へ
道中、マイナス5℃の標識

IMG_1195.jpg

昼、ふと見ると根から「つらら」
1本だけじゃない

IMG_1199.jpg

IMG_1197.jpg

山の中で松に「サルノコシカケ」
IMG_1202.jpg

IMG_1201.jpg
1本の松に数個もついている

珍しいものみたような気がした
posted by たけちゃん at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

ぼうちゅうかんあり

忙中閑あり
そんな格好いいものでない
「防虫寒あり」ぐらいが相応。
仕事で山間部の村へ行く。今時分には珍しくも携帯電話の通話圏外。
この前はマイナス5度とかいう表示があった。
11月ごろからバタバタして、今日は雨模様ということで久しぶりに連休。

ブログ更新しよう。
アルファーから連絡があって新聞出るとか、ねじりまんぼがどうとか。
昔のブログ記事を読んだり、資料を探したり。

久方のブログ更新に気分も跳ねた。
ねじりまんぼの六把野井水橋のペーパーワークに黄緑のトリケラトプスに灰色のステゴサウルスも登場。

DSCN9637.jpg

わがオリジナル。手づくり。

多くの恐竜君と神足(こうたり)の6連橋
キャプチャ213.jpg

DSCN9631.jpg

ねじりまんぼもいいけど3連橋、6連橋もいい

それらと恐竜君たちとのコラボ
狭い部屋で マイ・ワールドを実現中
posted by たけちゃん at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

恐竜博物館

 昨日は恒例の冬の福井県立恐竜博物館に行った。

DSCN9593.jpg

雪は道路では除雪されている。除雪されずに残った箇所も30cm程度か。
それでも、博物館の駐車場に隣接する斜面は子供の遊び場だ。

DSCN9625.jpg

常設展は何度も来ているからさっと流すつもりであったが、一部工事中。
特別展を覗く
ディノニクス
DSCN9596.jpg

DSCN9601.jpg

この魚クン(シファクティヌス)。4mもある

DSCN9603.jpg

ヘスペロサウルス
DSCN9606.jpg

翼竜とフクイサウルスの模型を買って帰る。
posted by たけちゃん at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

山陰本線 船岡駅〜胡麻駅

 1日。家族、親せきと梅田で夕食会。
東京にいる長男夫婦も1日に来阪。
今年は私も4日が初仕事。そのあとも結構忙しい日が続きそう。
この休みは正月気分を払ってはや「まんぼ探訪」へ。
2日。山陰本線の鉄道遺産を見に行く。
京都駅から各駅停車で園部駅に行く。乗り換えて次の船岡駅に到着。

船岡駅.JPG

降りる人もなく降りた。
ホームから階段を下り地下道を抜けた。ものの10mほどか。
変な感じがした。
いきなり外界!
券売機も改札口もない・・・

駅から数十メートル福知山側に行けば「柳ケ瀬橋梁」
幅2.47mのレンガアーチ。面壁は石組み。S型まんぼ。
撮影と計測。
柳ケ瀬2.jpg

柳ケ瀬3.jpg

柳ケ瀬1.jpg

線路沿いをウォーキング
面壁がレンガ積のトンネルやら隅石で補強されたレンガ積橋脚を持つ多径間橋梁など撮影
大堰川橋.jpg

船岡山トンネル.jpg

ルート変更で廃止された橋台や、トンネル坑門に遭遇したりとトボトボ歩くからこそ得られる情報もあるものだ。

日吉駅でレンタサイクルを扱っていたので借りる。
北上する。
レンガアーチはないが鉄桁の橋梁が多くあった

日吉駅→福知山.jpg

第六胡麻橋.jpg

第三胡麻橋.jpg

DSCN9536.jpg

 二駅向こうの胡麻駅を超えたところまで行って引き返す。

20160102map.jpg
posted by たけちゃん at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

謹賀新年 2016年

2016nenga.JPG

写真上 滋賀県甲賀市 :JR草津線 御庄野橋梁
写真下 三重県いなべ市:三岐鉄道 北勢線 六把野井水橋(ねじりまんぼ) 

少し暖かくなったら山陰本線、関西本線の未踏査箇所を見に行きたいものだ。
posted by たけちゃん at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

JR奈良線

 ブログ更新がしばらくなかった。
ネットで動画を見たり、本を読んだり。
朝井まかてにはまって7冊目になる。

 久しぶりに朝から出かけ鉄道遺産のレンガ構造物を見に行く。
京都駅近くのレンタサイクルで自転車を借りる。
奈良線に沿って南下する。
途中、鴨川橋梁、高瀬川橋梁のレンガ橋台を撮影。
京都管内のレンガ橋台は原色ペンキで塗装されているので風情はない。

●鴨川橋梁
DSCN9462.jpg

●高瀬川橋梁
落書きされてどうも有難味はないが円弧状のレンガを隅角部で使われている。
DSCN9467.jpg

奈良線沿いに行くと斜め横断した鉄道橋の橋台があった。京阪電車のようだ。
DSCN9417.jpg

その先に京阪電車の旧変電所がありレンガ暗渠が見える
DSCN9423.jpg

DSCN9424.jpg

川は進入防止のため立入禁止柵が施されている。上流から行けないものかと道を変えると東福寺に出た。

DSCN9430.jpg

DSCN9428.jpg

屋根付きの橋もあった
●臥雲橋
DSCN9433.jpg
愛媛の内子の田丸橋にも屋根がかかっていた。2例目の遭遇だ。

伏見稲荷を50mほど超えたところにランプ小屋があった。
●ランプ小屋
DSCN9435.jpg

説明板にはかってはこの地を東海道本線が通り滋賀県の浜大津に通じていたと書かれていた

桃山あたりまで走る。構造物は整備されコンクリート構造物に取り換えられたようにも見える。

DSCN9440.jpg

レンガでできていれば「ねじりまんぼ」だろうに。

空がいやに曇ってきた。
早仕舞いだ。
posted by たけちゃん at 08:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

山陰本線 下山駅

 福知山に行く途中、レンガ造りの橋脚が屹立しているのが気になっていた。
昨日は、京都7時半発の福知山行き各駅停車で「下山駅」へ行った。各駅停車でないと止まらない小さな駅だ。
しかし、途中「亀岡」「園部」と止まるので京都駅で乗り込む人は多い。満席だ。
 下山駅到着9時半。2時間の旅だ。
DSCN9391.jpg

DSCN9267.jpg

駅前道路をゆるゆる東側へ下る。
向かいに集落がある。
この駅が高いところにあるのがわかる。
DSCN9268.jpg
誰もいない。
10分足らずで目的の屹立するレンガ造りの橋脚に出る。
「高屋川橋梁」
DSCN9290.jpg

いろんなアングルから撮影

次は引返し駅の西側に向かう
途中、「吉尾沢橋梁」に出くわす

DSCN9309.jpg

径間長40mとあった。橋台はレンガ造りだ。
深い沢で、急斜面だ。ここは遠慮して撮影のみ。
携帯のグーグルマップで道を確認しながら歩く。

「質美川橋梁」に出る
DSCN9323.jpg

DSCN9321.jpg

DSCN9331.jpg

質美川橋梁を後にしてトンネルを探しに行く。別の集落に行くが行き止まり
田舎の風景が広がる
DSCN9369.jpg

DSCN9371.jpg

それでも質美川橋梁の別のアングルからの写真が撮れた
DSCN9365.jpg
posted by たけちゃん at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

明智藪(福知山)

 京都府福知山の土師宮拱橋はウイングがなく築堤斜面と同じ角度で切り落とされていた。
それは、由良川、土師川の洪水で鉄道橋梁が流され、結果として鉄道線路のルートが若干移動したせいだと考えた。Webでも福知山洪水の資料は多い。

 今日は福知山へ再訪した。
@明智藪
A福知山治水記念館
B図書館
現地で、資料を見ると何かが得られることを期待して。
駅からレンタサイクルで走る。

明智藪は福知山城を築城し福知山を開いた明智光秀の名に由来する。
築城のため由良川の流路を変え、堤を備えた。
この堤に竹を植え、竹が根を張り堤の土耐力を上げること期待した措置と言われている。

DSCN9255.jpg

DSCN9259.jpg

DSCN9260.jpg

由良川は本来、現在のお城に向けて流れ、そこでUターンするようにして北上したものを、土師川合流付近で止めて北上させた。開いた空間に築城し城下町を作った。
 図書館の福知山市史を閲覧すると
城下町を建設するために必要な措置であったが、自然の流路を変えたことは、災害を大きくした原因であった。明治29年、同40年と二回の大洪水は由良川が元の姿を復元し、あたかも人為に報復したようであった」(第4巻P444)

治水記念館では本日第1号の観覧者ということで職員の方が熱心に説明してくださった。
130年前の町屋をそのまま記念館としている。

DSCN9262.jpg

それは130年前からの水害対策が町屋に組みこまれていたから、一般民家を使っていたのだ。
家屋に浸水しだすと荷物を上の階へあげる定滑車装置。この手動リフトを「タカ」という。水害と同居しないと暮らしていけない土地柄なのか。

明治、大正、昭和、平成と幾度となく水害に襲われている。
昭和28年の災害は「にっぱち災害」と呼ぶそうだあるが、水位が8メートル。
二階建ての家でさえ屋根しかでないような水位である。

鉄道遺産のレンガアーチの改変がいつ行われたかはわからなかった。
帰路、廃止されたレンガ橋脚が屹立しているところがあった。
いつか、見に行こう

posted by たけちゃん at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

山陰本線 土師宮拱橋に坑門がない理由

 山陰本線の福知山土師(はじ)周辺の橋梁を見てまわる。
1022.jpg

地図の左から
DSCN9097.jpg
同上 拡大
DSCN9098.jpg
レンガ橋台の跡だ。

左から2番目
DSCN9083.jpg

DSCN9080.jpg

DSCN9086.jpg

こちらは橋の中間に立つ橋脚だ。

左から3番目が「土師宮拱橋」。坑門なしレンガアーチ橋だ。
DSCN9087.jpg

その次が
DSCN9128.jpg

DSCN9124.jpg
レンガ橋台の角が削られている。

どれも現行の線路より手前にに昔は線路があったことを示している。
地図中の土師川(由良川)の氾濫で橋が流され鉄道線路が移設されたのだろう。

線路が奥に移動し、築堤も作り替えられた。
築堤の勾配に合わせて橋台の角が削られている。

そして土師宮拱橋も築堤が奥側に移動したことにより坑門が出張った格好になる。
そこで、坑門を壊し、築堤のスロープに合わせるようにレンガアーチの一部を削り落とした。
そう解釈すれば、土師宮拱橋に坑門がないのが理解できる。
posted by たけちゃん at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする