2020年06月25日

更改

 ケータイの契約が2年たった。丁度、契約更新になったのだ。
電話で更新を申し込む。ほぼWi-Fi環境の我が家にいて、余りに通話もないので通信量を下げても問題はない。
電話本体の取り替えもできたが今のままにしておいた。月2980円から980円に減額される。
 ウォーキングとサイクリングでカロリーを消費する。
ケータイには歩数と歩行時間、自転車の軌跡と走行時間が記録される。これをもとにエクセルでカロリーを計算させて日々と週間運動量をチェックするようにしている。
それでも、なかなか痩せないが。

門の前橋梁付近ののり面補強工事が済み、門の前橋梁の「丸また」看板が再設置された。
門の前橋梁は東海道本線茨木、総持寺駅間にある「ねじりまんぼ」
小さな説明板がフェンスに新たに取り付けられた。

IMG_5087.jpg

IMG_5088.jpg

IMG_5089.jpg

 まじりまんぼの英語文献を訳している。"A Practical Treatise On the Construction of Oblique Arches"(J.Hart)
小学生が高校の教科書を読んでいるようなものかと思う。
石製のねじりまんぼについでやっとレンガ製のねじりまんぼが出てきた。
それも、奥行方向に向かって半分はねじりまんぼの螺旋コースで築き、もう半分は水平コースと言う一風変わったねじりまんぼ。

plate6.jpg

 テキストの図面とその展開図をもとに作った。

IMG_5093.jpg

滋賀の狼川橋梁を思い出す。そういえば、関西本線の加茂駅近くにもあったはず。大津にもあるようだが、いずれも暗渠だ。梅雨の晴れ間を見つけて行ってみるか。

複葉機のペーパクラフト
ネットで図面があったので作図し直し作成。

IMG_5067.jpg

IMG_5094.jpg

IMG_5095.jpg

IMG_5098.jpg


 


 
posted by たけちゃん at 09:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

ねじりまんぼに落書き(奥田端橋梁)

 5時半からのウォーキング、9時半からのサイクリングを日課にしていたが、最近暑い。
朝一番のウォーキングを夕方に替えることとし、サイクリングをしてみた。
5時半からの西国街道は人も車も少なく、何より、ひんやりと心地よい。
30分で高槻駅に着き、45分ほどで梶原あたりに着く。
ここらあたりはJR東海道線のレンガアーチが多々ある。
その中に日本で30基ほどしかない「ねじりまんぼ」(斜めアーチ)の奥田端橋梁がある。

IMG_5086.jpg

IMG_5069.jpg

久しぶりに覗いてみると、スプレーで落書きがしてあった。
なんとまあ。

IMG_5071.jpg

IMG_5073.jpg

このレンガアーチ橋の「高槻まちかど遺産」と書かれた標柱が建てられ、貴重な建造物と言う説明がされている。
遺産と知った上での落書きである。
無知のなす業なのか、悪意あってのことなのかわからないが残念である。

このアーチは150年近い前のものだ。
あちこち痛んでいる。
車が擦った痕跡も生々しい。

だから、アーチの保全のため多分「歪ゲージ」を入れて観測されているようだ。
アーチ側面の金属箱と配管。配管は外の電柱につながり通信線で外界につながれている。

IMG_5078.jpg

IMG_5079.jpg

150年も前のレンガアーチがこのままずっと本来の姿を残すとは考えられない。

10年ほど前まで討幕だ攘夷だと言ってちょんまげをしていたのが、ほんの数年で「鉄道とやらを作るので工事する」「陸蒸気が走る」「レンガとやらがいる。」「セメントたらいうもんもレールとかいうもんもイギリスから船で運んでくる」とか
この時代のダイナミズムを知る
そんな面白いものを落書きするかな・・・


posted by たけちゃん at 14:24| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

コロナ用語

新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言が解除されて1週間ほどたつ。
昨日は、高槻駅近くの関大の初等部、中等部の「入学式」があったようだ。
我が家のそばの中学校も午前の部、午後の部という「分散登校」が行われていた。

DSC_0680.JPG

ちょっと様子が変わったけど、このコロナの「自粛期間」中になんと新語があふれたことか。

クラスター
パンデミック
コロナ、コロナ禍、コロナ対策、コロナ就活、コロナ倒産、コロナ融資
ウイズコロナにアフターコロナ
アベノマスク
ソーシャルディスタンス
テレワーク、テレワーク演奏
オンライン授業、オンライン面接
フェイスガード、フェイスシールド
リモート選考(入社面接)、リモート出演(テレビ)
PCR検査
Zoom
3密
自粛警察

カタカナ用語がやけに多い。

posted by たけちゃん at 14:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

万博観覧車のライトアップ

 14日に国の緊急事態宣言が解除された。大阪や東京等は除外された。
ただ、大阪の方では一時の感染が低減したので休業再開が行われるようになった。

通天閣は今まで黄色でライトアップされていたものが緑色になったという。
EXPO70の「太陽の塔」も同様にライトアップされているという。

ふと、外を見ると万博の観覧車が緑色にライトアップされていた。
14日から点灯したという。

20200516_195747316.JPG

20200516_195859522.JPG

20200516_195829006.JPG

高さ123mというから覚えやすい。

ちなみに、高槻の北、ポンポン山は678m
posted by たけちゃん at 20:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

外出自粛

 「外出自粛」と言われて何日たつのだろうか。
一部都府県だけの外出自粛が全国に広げられた。以前は図書館のホームページで本を予約しておけば本も借り受けられたが、そのサービスも停止となった。
 市営の運動場やテニス場でのテニスや野球など「団体活動」を禁止する旨の表示がされている。
量的自粛だけでなく質的自粛が求められるようになっている。

IMG_5050.JPG

 手投げのグライダーを作ったり、ねじりまんぼの模型を作る。
写真はねじりまんぼの上にグライダーを載せたもの。
 ねじりまんぼとはいえこれは石製を想定した。
石製のねじりまんぼは日本には存在しないと思っていたら、過日アルファーが長崎に1基あると知らせてくれた。
是非、見に行きたいものだ。

posted by たけちゃん at 09:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

新型コロナウイルス緊急事態宣言

昨晩、首相から新型コロナの感染拡大に関して緊急事態宣言がされた。
対象は、東京都、大阪府など7都府県で、不要不急の外出は止めるよう要請。

接触を現在を100としたら70から80減らさないと爆発的感染が広がるという。
まずは今まで通り、巣ごもりをすることに変わりはない。


今朝は4時ころに目が覚めた。
満月が目の前にあった。
スーパームーンだ。

IMG_5036.jpg

宣言で散歩や外での運動は制約されるわけでない。
5時半から散歩。車通り、人通りは若干少ないものの、散歩するご同輩は多い。

本を読んだり、買い物の途中で桜を見たり。
桜もそろそろ散り始めだが、この桜(楊貴妃桜)はまだしっかり咲いている。

IMG_5043.jpg

IMG_5041.jpg

手慰みにバルサで手投げのグライダー2号機を作り始める。
胴体もくりぬき軽量化を図る。

翼も5mm厚のバルサ材をカッターナイフで割りくりぬく。

IMG_5046.jpg

IMG_5049.jpg

胴体を横にした鉛筆の上で水平にする。
そこそこ良い重心じゃないか。
posted by たけちゃん at 17:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

外出自粛

 土曜、日曜日は外出を自粛するよう東京都や大阪府で呼びかけている。
今朝のGoogleのオープニング画面でも「家にいよう。みんなのために」と表示されている。

g.jpg

 朝一番の散歩で驚いた。
5時半。早いとはいえ、通常より人通りがない。
そばにJRの駅があるのだが、驚きだ。

今朝は昨日に比べて寒いし、風もある。
そのせいもあろうが、人は少ない。
そればかりではない、通行車両も減っている。
土室あたりでついに人も車もない。その一瞬を撮る。

DSC_0644.jpg

朝の5時くらいから開業しているパン屋は相変わらず繁盛している。
入口で手を消毒して入店。6時半には店内は10人ばかりいて、レジで並ぶほどだ。
この店が発行するシニアパスで10%引き。出来立てのパンを買う。

ドラッグストアでは7時前に数人が並んでいた。
一番目の人は腰かけを持参して膝に毛布を掛けていた。
一昨日、店頭に消毒スプレーなどの販売数量を掲示していた。数量限定なのだ。

DSC_0635.jpg

2,3日前に図書館のホームページで本の予約をしておいた。
図書館も5月連休明けまで休館である。閲覧室の入室はできない。
パソコンを使って借り出し手続きをすることで本が借りれる。
ホームページで本の準備が出来ているのを確認して、借り受けに行く。

今日はそんなことで「巣ごもり」。
最近の言葉だ。

oblique bridgeの第3版を訳出していたものをプリントアウト。両面印刷で100ページほど。少々時間を費やす。

最近、手慰みに作った手投げのグライダー
ネットで見て作った。材料はバルサ。

IMG_5026.jpg

IMG_5028.jpg
posted by たけちゃん at 18:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

花見

 新型コロナウイルスの感染が拡大している。世界で100万人が感染しているという。
最近、著名人の感染も報道されている。
土曜、日曜と大阪府では外出の自粛要請があった。

 あいかわらず、朝一番の血圧測定。1時間ほどジョン・ハートの斜めアーチ(ねじりまんぼ)論を訳出。朝の散歩。
昼前のチャリ行。

 昨日は旧茨木川の緑道の桜並木を見た。

IMG_5001.jpg

IMG_5004.jpg

IMG_5005.jpg

IMG_5006.jpg
 
今日は高槻方面。
芥川沿いの桜
IMG_5011.jpg

IMG_5012.jpg

IMG_5013.jpg

IMG_5014.jpg

帰宅後、和訳の続きをしたり手慰みに飛ばない飛行機を作る。
s-IMG_4999.jpg
posted by たけちゃん at 19:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

明治の印刷職人

新型コロナウイルスの世界的蔓延で東京オリンピックが延期と決まった。
自転車で高槻駅前付近まで行くが、確かに人通りも少なくなってきているようだ。

朝のウォーキングとサイクリング。それにOBLIQUE ARCH、英語版ねじりまんぼの解読。
意味がとれない語句をパソコンで検索していたとき、たまたま、「斜架拱」の初版本のデジタル版を見つけた。

既にこの版の訳出を終えていたわけだが、新しく見つけたデジタル版は原書保管箇所が違うため、ちぎれてなくなっていたと思っていた図面が出てきた。これは、うれしい。

和訳「斜架拱」は原書を忠実に訳出していない。
作者の親切心でいろいろと「註釈」が加えられ、まったく原書と違うところもある。
そんなことをしているため、原書にある章は省略されている箇所もある。
その箇所の図が出てきたのだ。

「斜架拱」は1899(明治32)年に発刊されている。
これと見つけたデジタル版の挿絵を見比べてみた。
今のようにコピペでないのに気が付いた。
訳すというだけでなく挿入されている図も作らないといけないのだ。

原書デジタル版の図の一つ(Fig.25)
f25.JPG

「斜架拱」で同様の図は「第二十六図」(ここでも図番号が変わってきている)
d25.JPG

この二つを画像ソフトで重ねてみると、まずよく合っている。
完全に一致するわけではないが、訳出者もさることながら発刊にあたった印刷職人の手間は大変なものだったろうにと感心した。

posted by たけちゃん at 16:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

新型コロナ拡大 

 新型コロナウイルスによる肺炎が世界的規模で拡大し渡航・入国禁止措置が行われる。
この夏の東京オリンピックはどうなるものかということもテレビで報じられている。

 この1週間、やや血圧が高めであり、この1か月で体重の減少も止まった。
運動量が減ったのだろうか?
菜種梅雨とは言わぬが雨や寒さで散歩の足が止まったことは否めない。

 図書館も今月一杯休館である。
図書館のホームページでパソコンで借りたい本を検索し、借り出しの手続きをしておくと本を準備してくれている。
そんなシステムを使って本を借りた。

昨日、久しぶりにブログを更新しようとしたらうまくいかない。
アカウント、パスワードが違いますという表示。
サーバーのメンテなのかとも思い、今朝、やってみたら、手順は変わったがなんとかなったもので思わず書き込み。

 日頃は、更新もしないのに、10年以上続けてきたブログである。それが突然、停止しまったのかと思うと、消失感を感ぜざるを得なかった。やれやれというところだ。
posted by たけちゃん at 07:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

新聞を読む

 6時前から散歩に出る。ラジオを聞きながら歩く。
WHOが新型コロナの世界的感染拡大を「パンデミック」であると宣言したという。
NY株は暴落し取引が停止した。またアメリカはヨーロッパからの入国を禁止した、とも報じている。

その一方で、ギリシャで東京五輪の聖火の点火式があったという。
オリンピック開催を1年延期もあり得るとアメリカの大統領が話したというニュースも流れた。

日頃はネットニュースで済ましているが新聞をコンビニで買い、落ち着いて読む。

そういう世情のなか、(リタイヤしたおじ〜は)昨日はチャリで淀川沿いに「背割堤」まで行き、往復4時間のチャリ行程がたたり夕方からぐっすり休む。

IMG_4966.jpg

IMG_4970.jpg

IMG_4969.jpg

今日は、今日で元茨木川の遊歩道沿いを走る。寒桜や梅が見られた。

IMG_4953.jpg

IMG_4956.jpg

IMG_4958.jpg

IMG_4959.jpg

IMG_4960.jpg

背割堤にしろ途中の淀川河川敷公園にしろ、散策するのもチャリでウロウロするのも年寄りが目立つ。
ご同輩である。




posted by たけちゃん at 19:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

原書到着

"A Practical Treatise on the Construction of Oblique Arches"(John Hart)
(「ねじりまんぼ建設に関する実務的論文」とでも解すべきか) 
はるばるイギリスより届いた原書は思いのほか薄かった。
しかし、これが国際郵便かという思いもある。日本語で印字した住所と氏名で送付されている。

IMG_4951.jpg

インターネットで公表されているものを少しずつ訳し始めているが、まあ、歯が立たない。
幾何学だが、肝心の図面の映りが悪い。

手にとった書籍で何がどう変わるかわからない。
気持ち原書のほうが図が鮮明のような気がする。

IMG_4952.jpg


ただ、ネットに載っているのは第2版分で今回手に入った書籍は第3版とある。
第2版は1839年8月で第3版は8年後の1847年11月。
ちなみに、1839年は「天保10年」になる。

天保年間の日本の文書など一文字もわかりはしないだろうに、英語ならなんとか読むことができるのはどういうことだろうか。
日本は口語文と文語文があり、字体も崩し字があり、文書に残るものを判読するにはそれなりの素養がいる。

英語と言うのはその意味で時代の変化が少ない言語であったのだろうか。

ちなみに、ねじりまんぼのテキストとでも言おうか「斜架拱」は明治32年(1899年)に公刊されている。
「斜架拱」の原書"A Practical and Theoretical Essay on Oblique Bridges"の初版も1839(天保10)年、2版が出たのは日本では安政の大獄。3版は著者のジョージ・ワトソン・バックが逝去しているため、息子のJ.H.バックが修正発刊している。
第4版が1895(明治28)年で、「斜架拱」発刊4年前となる。

初版から56年たっての第4版であるが、この間に驚くほど大きな改変がされていた。
公式なども平気で変わっていた。

このHartの本を訳してからそのことを含めてまとめようとも思っている。


posted by たけちゃん at 10:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

新型コロナ・ウイルス

数日前、無いことに我が家の電話が鳴った。出てみると、公民館の催しをしている方からのもので、新型コロナウイルスの流行のためだ。政府の、「不要不急の外出をしないように」という「要請」を受けてのことだ。
 小学校、中学校、高校の休校。
 イベントの中止が相次いでいる。

20200306_85023534.JPG

トイレットペーパーやらマスクが買占めで品薄とかいう話も聞こえる。

外国で日本人の入国禁止措置を執ったとか、日本が韓国、中国からの入国を禁じたとか。
こんなので、オリンピックが出来るのかとか、高校野球も大相撲も、競馬も・・・みんな無観客試合。

そうそう福井の恐竜博物館も14日まで休館。

京橋で感染者が出たというニュースを2,3日前に聞いたが、昨日には茨木のスーパーマーケットの試食販売員が感染していたというニュース。マスクや手袋をしていたから感染の恐れは小さいと市の広報(ホームページ)。

あと、1週間か10日で少しは明るい話が出ることを期待。

 


 
posted by たけちゃん at 09:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

2月末

 相変わらずまずまず規則正しい生活をしていたら2月も終わろうとしている!
BLOGを書かねば・・・

 14日は日赤で心臓の定期検診。掛け持ちで「生活習慣病科」での診察。
血圧も下がってきたし、ダイエットがまあまあできているね、で済む程度の診察。とにかく、薬をもらう。
 15日は高校の同窓生12名で「こがんこ」で飲食会。古希でまた同窓会を開くらしい。この5月、母校でイベントがあり、再開しようかという話。

 「斜架拱」の原書を訳したもののチェックもいい加減済んだので、新しい文献を仕入れた。
「斜架拱」緒言に「ハアト氏」の論文も参考に「斜架拱」の翻訳と註釈を加えたとある。
その「ハアト氏」の文献とは
"Practical treatise on the construction of oblique arches"(second edition) ;John Hart 1839年
(訳するなら「斜めアーチ橋建設に関する実践的論文」か)
アマゾンで復刻版が安くて手に入る。イギリスから送ってくるので2週間ほどかかるので、いまだ手元に無いが。

bookarch.JPG

23日、24日と東京にいる長男夫婦が孫を連れて来てくれた。
3歳の女の幼児と生後半年の男の赤ちゃん。
まったく「じーじ」になってしまった。
posted by たけちゃん at 15:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

66歳

 66歳の誕生日。
しゃべる目覚し時計が「お誕生日おめでとう」と声をかけてくれた。
そうか、誕生日だ。

この間、運転免許証の更新を済ませた。
写っている写真にゲッソリした。髪の毛が薄く額が上がり、まこと「年寄り」が写っている。

リタイヤして車を運転する機会もない。ただ、失効するのは惜しいという気だけで更新した。

毎朝のウォーキングにサイクリング。体重計に乗り、体重をチェック。
朝晩の血圧測定。食後の薬。
14日に日赤で定期的な診察。

市と大学の共同でアンチエイジングの講座が11月にあった。筋肉量の計測やらをした。
1日おきに簡単な筋トレの課題を仰せつかった。
これも2月の半ばまで。どう変化するのか調べるようだ。

週に1冊程度の割で本を読む。
丁度、先ほど、内館牧子の「終わった人」を読了。

終わった人でもある小生は、最近は「羽ばたき飛行機」を作った。

20200201_82847541.JPG

ゴム動力でバタバタと羽根を動かすのだが、飛ぶというより滑空してぽちゃんと落ちるのだろう。
飛行時間が少ないから羽ばたく回数も10回を超すだろうか。
なんせ、屋外でやらない。部屋でやるものだからタンスや壁に衝突して敢え無く墜落。

「斜架拱」の原本”A Practical and theoretical essay on oblique bridges”の第3版をWebで見つけた。
訳した第2版、第4版と照合している。


posted by たけちゃん at 09:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

羽ばたき飛行機

You tube!を見ていたらいつの間にやら”ornithopter”(羽ばたき飛行機)の画像が集まりだした。
プロペラ式のゴム動力の模型飛行機のように紙製の翼に木製の機体。羽がカム機構によりバタバタと羽ばたく。

投げる。滑空する。その間、羽根をバタバタする。 そんな、程度の「飛行」からまこと、「飛んでいる」と言えるものまでいろいろある。
ゴム動力式からモーターを装着したラジコン機もある。

手慰みというべきか。
作ってみた。

20200110_162259982.JPG

20200110_162317813.JPG

滑空どころか「バタバタ」もせず墜落

初めはこんなものよ。

翼竜君が飛ぶわが部屋にバタバタ飛行機が追加された

20200110_162509413.JPG
posted by たけちゃん at 16:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

2020年 令和2年 元旦

2020happynewyear.JPG

posted by たけちゃん at 06:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

「斜架拱」資料用 本ケース

 年末の朝、ふと見ると虹が。
今朝は寝過ごし散歩を止めた。何より寒い。

20191227_101701561.JPG

今年は「斜架拱」の読み下し文や現代語訳、スポン氏の斜架拱に関しての記述の和訳。「斜架拱」の原書となるジョージ・ワトソン・バックの”ESSAY ON OBLIQUE BRIDGES”の和訳などをした。

プリンターで印刷したものをクリアファイルに入れて冊子にしたが、使う時についつい積読(つんどく)になる。
すると、たちまちに崩れ落ちてしまう。
 そこで、本用の紙箱、本ケースを作った。
暫時でも常時でもとにかく収まりがよかろうと思い・・・

IMG_4865.JPG

段ボールで箱を作り、和紙を張った簡単なものだが、満足。

IMG_4866.JPG

20191227_101958326.JPG
posted by たけちゃん at 10:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

近況

 5年近くなるデスクトップパソコンのモニターが何やら怪しい。
画像に影がつくような感じだ。使い切ったという感じだ。本体を含めパソコン一新までする必要もなかろうと思い、モニターのみ交換。
 パソコンと同じくヒューレットパッカードのモニターで21インチ。
物を置いた机の上で丁度の大きさだ。
明るく、鮮明だ。

IMG_4844.jpg

 アマゾンの恐竜フィギィアを見ていたらちょっと良さそうと思ったのがシュライヒ社のスティコラサウルス。
動き出しそうな造形もいいし45%引きというのもイイ。手のひらサイズである。

IMG_4846.jpg


IMG_4850.jpg

IMG_4852.jpg

 ウォーキングは毎朝100分1万歩。昼前にチャリで1時間余りの走行。
写真はチャリで行った淀川河川敷。向こうに大阪市内のビル群が見える。

IMG_4843.jpg

 無精ひげを生やすがままにしている。
口ひげは黒く、あごに生えた奴は白い。
年末くらいまでもたそうかと思っている。
posted by たけちゃん at 14:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

木形と呼ばれたもの 石切り定規

紅葉を愛で満月の輝きに少しばかり感動し、落葉が始まった。
「斜架拱」と同書の原書をもとに「石切り定規」の模型を作り使い方に思いをはせた。

IMG_4798.jpg

IMG_4809.jpg

IMG_4813.jpg

DSC_0518.jpg

「斜架拱」
表紙.jpg

斜架拱すなわち「ねじりまんぼ」なのだが、わが国ではレンガ製のねじりまんぼ、斜めアーチ橋しかないが、「斜架橋」の原書イギリスでは石製のねじりまんぼがある。
石製のねじりまんぼを築造するのに、アーチを構成する石を弧状にねじれた形状に整形する作業が必要である。
これは、アーチにしてから削るのではなく、石を据え付け前にしかるべき形状に整形加工しておく必要があった。
その、石切を行うための治具、定規を「石切り定規」と勝手に命名した。

ちなみに「斜架拱」では「左のごとき木形」と称し図面を紹介している。
13図.jpg

使い方はアーチ正面になる面に突き出た棒の部分を石面に密着させ、木枠によりアーチの軸方向、軸直行方向を見出すものであり、次のような図が掲載されている。

14図.jpg

これがどうも想像できないので模型を作ってみた。

20191120_81811651.JPG

IMG_4821.jpg

IMG_4826.jpg

IMG_4830.jpg

IMG_4831.jpg

150年以上前のイギリスの石製ねじりまんぼ構築用の一道具に過ぎない。

もはや、必要とされないものではある。ただ、気になっていた。

posted by たけちゃん at 08:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする