2020年06月17日

ねじりまんぼに落書き(奥田端橋梁)

 5時半からのウォーキング、9時半からのサイクリングを日課にしていたが、最近暑い。
朝一番のウォーキングを夕方に替えることとし、サイクリングをしてみた。
5時半からの西国街道は人も車も少なく、何より、ひんやりと心地よい。
30分で高槻駅に着き、45分ほどで梶原あたりに着く。
ここらあたりはJR東海道線のレンガアーチが多々ある。
その中に日本で30基ほどしかない「ねじりまんぼ」(斜めアーチ)の奥田端橋梁がある。

IMG_5086.jpg

IMG_5069.jpg

久しぶりに覗いてみると、スプレーで落書きがしてあった。
なんとまあ。

IMG_5071.jpg

IMG_5073.jpg

このレンガアーチ橋の「高槻まちかど遺産」と書かれた標柱が建てられ、貴重な建造物と言う説明がされている。
遺産と知った上での落書きである。
無知のなす業なのか、悪意あってのことなのかわからないが残念である。

このアーチは150年近い前のものだ。
あちこち痛んでいる。
車が擦った痕跡も生々しい。

だから、アーチの保全のため多分「歪ゲージ」を入れて観測されているようだ。
アーチ側面の金属箱と配管。配管は外の電柱につながり通信線で外界につながれている。

IMG_5078.jpg

IMG_5079.jpg

150年も前のレンガアーチがこのままずっと本来の姿を残すとは考えられない。

10年ほど前まで討幕だ攘夷だと言ってちょんまげをしていたのが、ほんの数年で「鉄道とやらを作るので工事する」「陸蒸気が走る」「レンガとやらがいる。」「セメントたらいうもんもレールとかいうもんもイギリスから船で運んでくる」とか
この時代のダイナミズムを知る
そんな面白いものを落書きするかな・・・


posted by たけちゃん at 14:24| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念な事ですね。
一度観に行ってきます。
Posted by アルファー at 2020年06月20日 08:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: