2017年04月23日

1泊2日の輪行(宮津駅から敦賀駅)

金曜日、休みをとる。
丹後の宮津から敦賀までの輪行によるレンガ遺産探訪である。
レンガ遺産探訪は今までは日帰りであった。折りたたみの自転車の輪行と宿泊で一気に探訪範囲を広げることができるようになった。今回は4回目の輪行。初めてのお泊り探訪である。
 途中、小浜で宿泊。

s-走行路422.jpg

 家から自転車で駅まで行き、自転車を折り畳み、普通電車に乗り込む。京都駅7時32分特急「きのさき1号」で福知山まで。そこで丹後鉄道で宮津へ。普通電車で約1時間。電車は古めかしいが車内は広くて快適。

1s-IMG_1503.jpg

2s-IMG_1504.jpg

 宮津駅からポダリング・スタート。時速10kmの行程で計画した。
宮津から敦賀までの鉄道遺産は期待できない。小浜線というのは比較的あたらしいのだろうか?
また、海岸線に沿った線路であるため土盛りして線路を作るわけでなくフラットな平面を走るため、レンガアーチなど高架交差も少ない。
そんな中で由良川を超える橋梁は押さえておきたいと思っていた。
思いやプランニング通りにいかないのも旅の面白さ。
由良川橋梁に出る前に突然出現した「総山谷橋梁」の石積み橋台には驚かされた。
あるやん!

s-IMG_1522.jpg

由良川大橋を撮影する。
河口側に始終風が吹くのか、今が満開の桜の枝ぶりも河口向きだ。
s-IMG_1534.jpg

s-IMG_1530.jpg

s-IMG_1535.jpg

 途中、目の保養だけでなく、舌の保養。海鮮丼で腹ごしらえ。

 鉄道線路に沿いながら時に日本海の海岸に面して舞鶴へ。
以前見た「海舞鶴線」の終点モニュメントなだろうか。

s-IMG_1542.jpg

海上保安庁の船などが停泊している。
海上自衛隊の修理所、赤レンガパークのレンガ製の建物を見る

s-IMG_1547.jpg

今回の目玉のひとつである「北吸トンネル」にも行く。

s-IMG_1562.jpg

あとは小浜駅を向けて走る。
トンネルは嫌だ。
坂道は嫌だと町内通路側にハンドルを切ると、思わず、福井県文化遺産。「白鳥会館」
偶然が招いた幸運だ。

s-010bb5ada09977f67aa158c4ab8cee319865f4abf0.jpg
 
 海に面したホテルで一泊。
風呂でゆっくり体を癒して早々に就寝。
朝は6時前に目覚める。7時の朝ごはんが待ち遠しい。海鳴りがする。少し寒い。暖房を入れる。
7時半に勇んで敦賀へ。約50kmの行程だ。
 
田園風景と青い海。

s-01fb0fc9a8f668fb38c89b9c39cd83a601cce2fe69.jpg

耳川橋梁の石積み橋脚は予想外だけにうれしかった。

s-01e366cc90f1e276b607f8aab4628ff71aaacd514c.jpg

 途中、お土産をあれこれ買った。リュックはパンパン。
敦賀から新快速で高槻まで乗り換えなし。京都までは乗客も少ない。
自転車にリュック。高槻でなんとかうまく降りれた。余り混むようだと、大荷物では無理だ。
普通電車に乗り換え、1駅。なんとか帰宅。
無事帰還。疲れたけれども今しかできない、60を超えたオッサンの思いだ。
posted by たけちゃん at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449258894

この記事へのトラックバック