2016年05月02日

旧九度山発電所水路橋(2)

 29,30日と仕事。少し疲れたのか1日は終日引きこもり。
旧九度山発電所橋のあばら骨アーチ橋を3次元CADで作図。

kudo1.JPG
1個のアーチリングを束ねていく
ここでは4cmずつずらしている。そうすることで斜橋となる。

kudo2.JPG

天井のあばら骨が見えた。

リングを31個連ねアーチ部完成。上から見た図。斜め交差
kudo4.JPG

kudo3.JPG

側壁を付けて完成
kudo5.JPG

正径間長 2649mm 斜径間長 2687mm
キャプチャsiki.JPG

斜架角(交差角)は80°を得る。
ねじりまんぼにするとしたら起拱角β(レンガの傾斜角)は6°に過ぎない。
ねじりまんぼにする必要もないと言われる範囲だ

それを本邦初、唯一無二のあばら骨アーチ(Ribbed Skew Arch)を築造
今は名も知れぬ設計者と施工者に敬意を表したい。
posted by たけちゃん at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437429759

この記事へのトラックバック