2015年02月28日

六把野井水橋・明智川3連橋

 アルファーご夫婦と三重県いなべ市の六把野井水橋(ろっぱのゆすいきょう)へ。
朝9時阪急「水無瀬駅」で待ち合わせ。そこからはアルファーの車に乗せてもらい名神大山崎ICから八日市IC。
国道421号線で永源寺を抜け三重県いなべ市へ。120km余り約2時間の旅程だ。
 六把野井水橋は「ねじりまんぼ」では異質の存在だ。
一つは材質面ではコンクリートブロックでできていること。もう一つはねじり具合が「超」がつくねじれである点。
DSCN7021.jpg

DSCN7027.jpg

DSCN7019.jpg

DSCN7047.jpg

ご夫婦にねじりまんぼの計測を任せ、自分がやったのはブロックの傾斜角を測る程度わーい(嬉しい顔)

この橋から目と鼻の先に3連橋がある。
明智川橋というのだろうがここでは明智川3連橋と言っておく。
これもコンクリートブロックを積んでアーチを形造るという工法が用いられている。

DSCN7004.jpg

DSCN6998.jpg

DSCN7042.jpg

鉄道は三岐鉄道北勢線。

帰り道、永源寺に寄る。
■山門
DSCN7054.jpg

DSCN7058.jpg

自然石を積んだ境内を散策。
立派な伽藍である。

石積み工を撮る。
DSCN7070.jpg


posted by たけちゃん at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック