2015年01月27日

元茨木川橋梁橋台で

日曜日、元茨木川橋梁の石積み橋台を観察に行く。
このあいだは大阪側の橋台であったが今回は京都側の橋台。
採寸する。
 そうするとにっこり笑ってオジサンが来る。
なんだよ?!
話をすればどうやら同好の士。

この元茨木川橋梁の橋台の面白さを説明してやった。
ここには3本のクイ(井筒基礎)があること。石の加工状態、整形状態の違いからどうも単線で設計し、後の複線時に接続したと思われること。
矢穴があること。

 ちなみにその前の週だったか、大阪側の橋台を採寸していたらおまわりが二人来て、職務質問。
うっとうしいけど愛想よく答えて、これまた「明治の土木遺産」などと講釈垂れたが、今度は「自転車の登録番号を確認させてもらいます」とか、なんとかちっ(怒った顔)
 少し、人の通り、車の通りが多いとこの始末。

まあ、すこしづつデータ収集。

iphoneのパノラマ写真機能で撮影
sDSCN6967.jpg
曲がって見える

石の整形も荒々しい。レンガアーチはツライチ
s-DSCN6959.jpg

端正に整形された石を積んでいる。レンガアーチはノコギリ歯。
s-DSCN6961.jpg

s-DSCN6962.jpg

左右の石の様相が違うし、いろいろ違いがある。
単線時の橋台に複線に伴い接続拡張したと考えている。


posted by たけちゃん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック