2014年02月16日

蒼い空の満月の日には

朝、煌々と光る満月と異様に蒼い空に目覚めた

20140216_202946570.JPG

20140216_203035979.JPG

今朝は昨日ほど寒くもなければ風もなさそうだ
滋賀県のJR草津駅と瀬田駅の間にある「狼川橋梁」のねじりまんぼを見に行こう
前の晩、本を読んでいたらこの「狼川橋梁」のねじりまんぼは面白そうだと思ったからだ
廃止され、きれいではなさそう

JR石山駅で降りてレンタサイクルで20分ほど
こちらの坑門は東京側
20140216_203552891.JPG

反対側
20140216_204353070.JPG

半ば埋められそうな坑門であり、事実、中は土砂で埋められている

それでもここのねじれ具合は「変則」
20140216_204505005.JPG

この天井のねじれも若干通常と違うけど坑口はもっと変!
なんでこんなねじり方になるのか?

それについては少し落ち着いてからまとめることにしよう

帰り、山崎駅で降り「山崎山荘」に行く
何も、ここの美術品を鑑賞に行こうというわけではなく主目的は途中にある門

20140216_203243588.JPG
なんてことないレンガのトンネルであるが「ろうかんどう」(琅玕洞)という名のレンガ造りの登録文化財

けっこうなものでと思うが、この門が鉄筋で補強されたレンガ造りだという文章を読んだ。
鉄筋コンクリートならずして「鉄筋レンガ工」
ほんまかいな?!
それで百聞は一見に如かずということで見に来た

20140216_212645482.JPG

壁面のレンガも趣向をこらしたものだ。

普通なら鉄筋コンクリートの梁を造りレンガを張り付けたように見えるが。
鉄筋で補強したくらいで自重と土かぶりを保持できるものなのか?
それでは「登録文化財」にはならないか・・・
わからない

posted by たけちゃん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック