2010年04月02日

アホの壁

neck.JPG

■4月1日 再就職日 何か書こうと思いつつ筆が進まず、気がつけばブロキオサウルスの手直し。

4月2日 2日目。やっぱり同じ感じ。ブロ君の手直し。
友人のホームページを見て桜づくしの京都の写真を見て、蹴上、南禅寺へ行くことに決めた。

 「ねじりまんぼ」で外せないところだし、前回行ったときは桜も咲いていなかった。

■再就職日までの暇な間にと、ウィキペディアのSKEW ARCH(斜めアーチ)を訳し終えた。
「ねじりまんぼ」の本家の歴史、施工法、考え方が要領よくまとめてあった。

 次はどのようにして作っているのか、レンガの敷設作業の方法はどうしたのかを想像すると、粘土でレンガを作り、レンガで組もうかな?いわゆる”「ねじりまんぼ」建設工事中ジオラマ”を。そうすると、ねじりまんぼの強さが体感できるのではないか?

いやいやめんどくさいど・・・

■ブロキオサウルス君
このブロ君の皮膚感を出すための「うろこ」作りも首の長さ3cmで30分かかった。首長30cmでうんざり。

女房殿がこっそり覗いて笑うこと。

 大の男が恐竜抱えて ちまちま削ったり、粘土付けたりしているのだから。アホなことしてるな。


アホの壁 (新潮新書)

アホの壁 (新潮新書)

  • 作者: 筒井 康隆
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/02
  • メディア: 新書




 梅田で高校の大先輩の本を買う。いいかもしれない。


 しかし、笑われても、どう見ても、体全体にうろこを付けるにはあと10時間はかかる・・・

 火曜日から出張するから、今月中にウロコが終わるかどうか。

レンガづくりではないか。

 



 
posted by たけちゃん at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック