2021年02月19日

ペーパークラフト ひさし付きまんぼ

ひさしが付いた斜めアーチの坑門面の展開図がやや面倒である。
ここでは石でできたねじりまんぼを想定している。
figh2.jpg
上はツライチの坑門面。下はひさしが付いた坑門面のアーチのフェイス図である。

外弧点と内弧点の空間座標を求め、各点同士の長さを算定する。
figh1.jpg

各長さを求めつながて行くとアーチフェイスが得られる。(中図)
得られた図は多角形であるのでCADの曲線機能を使い、曲線化した。(下図)

hisasi2.jpg

hisasi3.jpg

hisasiue.jpg

yoko.jpg

ツライチ側
turaiti.jpg

内部
naka.jpg
posted by たけちゃん at 09:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

飛び出すまんぼと「金と銀」

パソコンでエクセルを使ったりJW-WINで作図したりするが、ノートに書き留めたいとも思った。

百均でノートを買った。たまたま出ていたのがA4サイズであった。
パソコンで描いたものA4サイズの書類が折らずに貼り付けれる。いいなと思ったが・・・

デスクの上のパソコンの前に置くと、ノートがデスクからはみ出てしまう。
なんということだ。

ひさし付き石製まんぼのペーパーワークというか平面図と断面図をCADで描いた。
それを切り抜いてノートに貼ってみた。
ある種、飛び出す絵本である。

IMG_5406.jpg

縮尺を倍にして作り直している。

IMG_5405.jpg

IMG_5407.jpg

大きいアーチがそれだ。
弧状のプレートが石の接続面での断面になる。

この15日に「あきない世傳 金と銀 第10巻」(著;高田 郁)が販売予定である。
カレンダーにもそう書き込んでいた。
たまたま、アマゾンを見たら、フライングして販売している。

ase.jpg

昨日13日の夜に注文。
今朝、到着。

IMG_5408.jpg

なんと早いこと。
posted by たけちゃん at 12:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年02月05日

ひさし付きねじりまんぼ

 「ひさし付きねじりまんぼ」のペーパークラフトを作っている。
3個目だ。言わば「まんぼ3兄弟」

IMG_5403.jpg

IMG_5404.jpg


坑門の片面にだけひさしが付けてある。

f1.jpg

左側の図は通常の斜めアーチ(ねじりまんぼ)の平面図。右側が今回のもの。

IMG_5371.jpg

IMG_5370.jpg

」(The guide to railway Masonry containing to complete treatise on Oblique Arch ピーター・ニコルソン著)を和訳している。「斜めアーチに関する鉄道石工(いしく)へのガイド」と訳すべきか。そこに紹介されていた。

f2.jpg

この図に石の並び(コース)を書き込んでペーパークラフトの天井部とする。

f3.jpg

展開図、コース図等を作図し、ペーパークラフトにするものの、そうはうまくいかない。
作り直し、作り直しで3個目になった。
IMG_5378.jpg

IMG_5376.jpg

IMG_5395.jpg

それでも、満足できない。
作図が悪いのか、作るのが下手なのか。

今しばらくやってみる。
posted by たけちゃん at 08:59| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする