2020年03月25日

明治の印刷職人

新型コロナウイルスの世界的蔓延で東京オリンピックが延期と決まった。
自転車で高槻駅前付近まで行くが、確かに人通りも少なくなってきているようだ。

朝のウォーキングとサイクリング。それにOBLIQUE ARCH、英語版ねじりまんぼの解読。
意味がとれない語句をパソコンで検索していたとき、たまたま、「斜架拱」の初版本のデジタル版を見つけた。

既にこの版の訳出を終えていたわけだが、新しく見つけたデジタル版は原書保管箇所が違うため、ちぎれてなくなっていたと思っていた図面が出てきた。これは、うれしい。

和訳「斜架拱」は原書を忠実に訳出していない。
作者の親切心でいろいろと「註釈」が加えられ、まったく原書と違うところもある。
そんなことをしているため、原書にある章は省略されている箇所もある。
その箇所の図が出てきたのだ。

「斜架拱」は1899(明治32)年に発刊されている。
これと見つけたデジタル版の挿絵を見比べてみた。
今のようにコピペでないのに気が付いた。
訳すというだけでなく挿入されている図も作らないといけないのだ。

原書デジタル版の図の一つ(Fig.25)
f25.JPG

「斜架拱」で同様の図は「第二十六図」(ここでも図番号が変わってきている)
d25.JPG

この二つを画像ソフトで重ねてみると、まずよく合っている。
完全に一致するわけではないが、訳出者もさることながら発刊にあたった印刷職人の手間は大変なものだったろうにと感心した。

posted by たけちゃん at 16:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

新型コロナ拡大 

 新型コロナウイルスによる肺炎が世界的規模で拡大し渡航・入国禁止措置が行われる。
この夏の東京オリンピックはどうなるものかということもテレビで報じられている。

 この1週間、やや血圧が高めであり、この1か月で体重の減少も止まった。
運動量が減ったのだろうか?
菜種梅雨とは言わぬが雨や寒さで散歩の足が止まったことは否めない。

 図書館も今月一杯休館である。
図書館のホームページでパソコンで借りたい本を検索し、借り出しの手続きをしておくと本を準備してくれている。
そんなシステムを使って本を借りた。

昨日、久しぶりにブログを更新しようとしたらうまくいかない。
アカウント、パスワードが違いますという表示。
サーバーのメンテなのかとも思い、今朝、やってみたら、手順は変わったがなんとかなったもので思わず書き込み。

 日頃は、更新もしないのに、10年以上続けてきたブログである。それが突然、停止しまったのかと思うと、消失感を感ぜざるを得なかった。やれやれというところだ。
posted by たけちゃん at 07:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

新聞を読む

 6時前から散歩に出る。ラジオを聞きながら歩く。
WHOが新型コロナの世界的感染拡大を「パンデミック」であると宣言したという。
NY株は暴落し取引が停止した。またアメリカはヨーロッパからの入国を禁止した、とも報じている。

その一方で、ギリシャで東京五輪の聖火の点火式があったという。
オリンピック開催を1年延期もあり得るとアメリカの大統領が話したというニュースも流れた。

日頃はネットニュースで済ましているが新聞をコンビニで買い、落ち着いて読む。

そういう世情のなか、(リタイヤしたおじ〜は)昨日はチャリで淀川沿いに「背割堤」まで行き、往復4時間のチャリ行程がたたり夕方からぐっすり休む。

IMG_4966.jpg

IMG_4970.jpg

IMG_4969.jpg

今日は、今日で元茨木川の遊歩道沿いを走る。寒桜や梅が見られた。

IMG_4953.jpg

IMG_4956.jpg

IMG_4958.jpg

IMG_4959.jpg

IMG_4960.jpg

背割堤にしろ途中の淀川河川敷公園にしろ、散策するのもチャリでウロウロするのも年寄りが目立つ。
ご同輩である。




posted by たけちゃん at 19:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

原書到着

"A Practical Treatise on the Construction of Oblique Arches"(John Hart)
(「ねじりまんぼ建設に関する実務的論文」とでも解すべきか) 
はるばるイギリスより届いた原書は思いのほか薄かった。
しかし、これが国際郵便かという思いもある。日本語で印字した住所と氏名で送付されている。

IMG_4951.jpg

インターネットで公表されているものを少しずつ訳し始めているが、まあ、歯が立たない。
幾何学だが、肝心の図面の映りが悪い。

手にとった書籍で何がどう変わるかわからない。
気持ち原書のほうが図が鮮明のような気がする。

IMG_4952.jpg


ただ、ネットに載っているのは第2版分で今回手に入った書籍は第3版とある。
第2版は1839年8月で第3版は8年後の1847年11月。
ちなみに、1839年は「天保10年」になる。

天保年間の日本の文書など一文字もわかりはしないだろうに、英語ならなんとか読むことができるのはどういうことだろうか。
日本は口語文と文語文があり、字体も崩し字があり、文書に残るものを判読するにはそれなりの素養がいる。

英語と言うのはその意味で時代の変化が少ない言語であったのだろうか。

ちなみに、ねじりまんぼのテキストとでも言おうか「斜架拱」は明治32年(1899年)に公刊されている。
「斜架拱」の原書"A Practical and Theoretical Essay on Oblique Bridges"の初版も1839(天保10)年、2版が出たのは日本では安政の大獄。3版は著者のジョージ・ワトソン・バックが逝去しているため、息子のJ.H.バックが修正発刊している。
第4版が1895(明治28)年で、「斜架拱」発刊4年前となる。

初版から56年たっての第4版であるが、この間に驚くほど大きな改変がされていた。
公式なども平気で変わっていた。

このHartの本を訳してからそのことを含めてまとめようとも思っている。


posted by たけちゃん at 10:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

新型コロナ・ウイルス

数日前、無いことに我が家の電話が鳴った。出てみると、公民館の催しをしている方からのもので、新型コロナウイルスの流行のためだ。政府の、「不要不急の外出をしないように」という「要請」を受けてのことだ。
 小学校、中学校、高校の休校。
 イベントの中止が相次いでいる。

20200306_85023534.JPG

トイレットペーパーやらマスクが買占めで品薄とかいう話も聞こえる。

外国で日本人の入国禁止措置を執ったとか、日本が韓国、中国からの入国を禁じたとか。
こんなので、オリンピックが出来るのかとか、高校野球も大相撲も、競馬も・・・みんな無観客試合。

そうそう福井の恐竜博物館も14日まで休館。

京橋で感染者が出たというニュースを2,3日前に聞いたが、昨日には茨木のスーパーマーケットの試食販売員が感染していたというニュース。マスクや手袋をしていたから感染の恐れは小さいと市の広報(ホームページ)。

あと、1週間か10日で少しは明るい話が出ることを期待。

 


 
posted by たけちゃん at 09:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする