2019年03月19日

岸なぜ橋梁

ぼちぼち春か。昨日は天気も良い。ちょっと温い。
岸なぜ橋梁は高槻市にあるレンガ製暗渠だ。ねじりまんぼの奥田端拱橋の近くにある。自転車で40分ほど。
この暖かさなら水の中に入ってもよかろう。もちろん、長靴持参ではあるが。

mapkisinaze.jpg

写真を撮り寸法を測る。

cad1.jpg

@部 レンガアーチ
IMG_4048.jpg

IMG_4049.jpg

IMG_4052.jpg

面壁も側壁も乱積みと呼ばれる石積み工になっている。

A部 補強部分
IMG_4053.jpg

B部
IMG_4055.jpg

C部 コンクリート製の函渠
IMG_4060.jpg

@の入口から数メートル先、左側の側壁に矢穴を見つけた
IMG_4071.jpg

IMG_4074.jpg

IMG_4075.jpg

IMG_4080.jpg

cad2.jpg
posted by たけちゃん at 14:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

休眠

 2月は1度もブログを更新しなかった。
休眠状態だ。

 1月に入って今まで書いてきたレンガアーチや石造りの橋脚などの記事をエクセルに転写し直す作業をし始めた。
(先日、50Mを超す容量になり、中断した。)

 斜架拱橋の英語の古書(1874年発行)をWEBで見つけたので、該当箇所をワードにコピーし、和訳をし始めた。
(”Spons' Dictionary of Engineering,Civil,Mechanical,Military and Naval” 「スポンの土木、機械、軍事、海軍工学の辞書」)
釈迦拱橋の部分は図画を入れて20ページほどだ。8割ほど訳し終えた。
hyousi.JPG

文中に公式が載っているのでその証明を解読したり、図面をCADで書き写す作業が残っている。
古書に書いてあるほど簡単に式が導入できない。図も描けない。
あとどれくらいかかるやら。

朝一番の1時間ほどのウォーキングや昼前に1時間半ほどかけてサイクリングをする。
リタイヤ組としてそれはそれですることを作って時間を費やしている。


それが2月初めごろから体調が悪くなってきた。

7年前、大腸がんをわずらってから便秘と下痢を繰り返すようになった。余りひどくなると整腸剤でコントロールしてきた。
それが、この2月始めごろからずーと頻便と下痢が続いている。3週間を超える勢いだ。腸の調子がよろしくない。

レンガアーチ探訪はこの体調ではやばい。

寒かったので体が冷えてそうなったのかもしれない。

数日後に、また、定期診断があるので相談にのってもらうことにする。

お蔭で体重は3kg減。





posted by たけちゃん at 08:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする