2019年01月13日

馬場丁川橋梁 データ

馬場丁川橋梁を採寸し図化した。

ねじりまんぼ 正径間長5フィート
IMG_3988.jpg

まんぼは両端がコンクリート製の四角断面の函渠が接続されている。
キャプチャ1131.JPG

レンガアーチ部の断面
1103.JPG

両端をコンクリート函渠で接続されているのでアーチの巻数は見れないが、多分3巻なのだろう。

正径間長a=1.53m 斜径間長b=1.60m
理論式では斜角θ=73°、レンガの傾きβ=11°となる。

起拱部を撮影した。
レンガの傾き(β)は17.6°となる。理論値とは差は.若干である。
 1132.JPG

1133.JPG

SketchUpで作図
女性が宙に浮いているが、馬場丁川橋梁は地下にある暗渠だ。
空飛ぶ絨毯のような絵柄が地面だ。
1111.JPG

反対方向
1112.JPG

1113.JPG

道路側の入っていくとレンガアーチに石でできた半円形のものが天井部に付けてある。
1114.JPG
posted by たけちゃん at 08:35| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

ねじりまんぼ馬場丁川橋梁へ

 今日は良い天気だ。明日は寒波だ。週末も天気はよくない。そんなわけでレンガアーチ探訪は今日しかない。
岡山、津山方面の探訪もしたいが、短い晴れ間では難しい。
 こちらで行けそうなところと言えば、「馬場丁川橋梁」だ。

ノートやマイ・ブログを調べると写真はあるが、採寸情報が出ていない。
わずかに走り書き程度に正径間長、斜径間長を測った記事がノートにあった。
何年か前の話だし、確認のためにも行ってみよう。

折りたたみ自転車を担いでJRで桂川駅まで行く。
10時ごろなので乗客も1車両に10人ほどだ。折りたたみ自転車を車内に持ち込むときは、先頭車両に乗るとか、乗客の少ない時間を選ぶ。

桂川で自転車を組み立て10分ほど。
祠が目安なのだが、かなり痛んでいた。

IMG_3976.jpg

IMG_3989.jpg

IMG_3978.jpg

IMG_3980.jpg

IMG_3979.jpg

レンガが風化を感じさせない色合いだ。

採寸した。

ものの30分ほどで撮影も記録も完了。

帰りはチャリで帰る。3時間ほどかかった。さすが疲れた。
posted by たけちゃん at 09:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

謹賀新年 2019年

blognewyear.JPG
posted by たけちゃん at 05:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする