2017年05月13日

フランス積

関西本線はフランス積が主流だ。
フランス積.JPG
各段で短い→長い→短い→・・・

島ケ原東橋梁
面壁
IMG_1636.jpg
石積み工はフランス積

抗内はかなり暗い
IMG_1643.jpg

フラッシュをたいて撮影
IMG_1647.jpg

IMG_1640.jpg

側壁に凹型のくぼみが施されている。
角材をここに入れて固定。その上に床板を乗せて、歩けるようにする。
山陽本線広畑川橋梁では凸型の石材が組み込まれていた。

IMG_0804.jpg

側壁の石積み工もフランス積だ。

ちなみに以前、探訪した板屋橋梁は鉄橋にレンガ、石積み工の橋脚、橋台だが、ここにもフランス積が見られる。

板屋橋梁
DSCN5514.jpg

DSCN5512.jpg



posted by たけちゃん at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

山崎へポダリング

5日は芥川にかかった鯉のぼりを見にくことが恒例になった。

IMG_1697.jpg

チャリで30分ほど。そのまま西国街道を高槻、島本へと行く。
途中、いくつかのレンガアーチを見る。
ねじりまんぼのの奥田端橋梁だ。

IMG_1709.jpg

すぐ脇を東海道本線をひとまたぎする新しい道路橋が完成している。

IMG_1714.jpg

 この道路橋の工事のため立入できなかったレンガ製暗渠をついでに見る。

IMG_1715.jpg

レンガ3枚巻。面壁は石積み。それも乱積み。
前回の第234号橋梁がレンガ2巻だが、この山崎近辺のレンガアーチは3枚巻が結構多い。
島本町に入りうどん屋「かぎ卯」でざるうどんを食べる。谷崎潤一郎の小説にも出たという店だが高校の同級もよくいくようだ、

 この店の裏にサントリーに抜けるレンガアーチがある。
サントリーとレンガアーチの対比ができるこの構図が面白いと思っている。

IMG_1725.jpg

IMG_1728.jpg

ここもレンガ3枚巻の乱積みの面壁とウイングだ。
明治初期の建設という特徴を出したアーチ橋なのだろう。


posted by たけちゃん at 09:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

第234号橋梁 関西本線 島ケ原駅〜伊賀上野駅

 第234号橋梁という名称は私がよく見るサイト「宮様の石橋」によっている。現地には表示はない。
関西本線島ケ原駅から伊賀上野駅方向に自転車を走らせ「島ケ原温泉やぶっちゃ」のそばにある。

506.JPG

山野の中を単線の線路だけで通っている。この線路を第234号橋梁や島ケ原東橋梁がくぐっている。
IMG_1619.jpg

■第234号橋梁 南面壁
IMG_1620.jpg
■北側面壁
IMG_1622.jpg
後付けされたコンクリート製通路と元々の水路が見える
■天井と側壁
IMG_1625.jpg

IMG_1627.jpg

面壁は石積み工となっているが種々、興味深いことがある。

■要石(くさび石、keystone)
レンガは2枚巻
レンガアーチの頂部はアーチを押し分けるように要石がはめ込んである。
この石は面壁だけにあり、奥行き方向はレンガで積まれている。力学的な意味合いもあるが、装飾ともいえよう。
IMG_1633.jpg

■楯状石積み工(輪石)
トンネルではよく見る楯状石積み工だ。それが輪石となっている。
IMG_1634.jpg
菊の花が咲いたように見える。

■計測
幅員は3.66m 長さ33m。非常に長い。

この幅と長さの大きなアーチをレンガ2枚巻は少なすぎる。今まで見たアーチは小さいものでも3枚巻だ。
アーチの上に載っている土も厚い。2枚と言うのは強度的に小さすぎる。

レンガだけでなく石積アーチが坑道内にあり、レンガ2巻+石積みの複合アーチではないだろうか?

ちなみに隣接する島ケ原東橋梁は幅員1.83mでありながら4枚巻である。
また、面壁は長方形の切石積で、第234号橋梁が特別な設計であったことが分かる。

IMG_1636.jpg

連休でもあり、このアーチ橋の建設方法を想像。

キャプチャm1.JPG

足場を建て、半円架台セントルを構築する。奥行方向は約33m+α
架台横にはアーチ橋の側壁が切石とレンガで積んである。
セントルの上にレンガを並べモルタル目地でアーチを作っていく。

キャプチャm2.JPG

面壁は楯状輪石でアーチを構成する。
ただし、面壁より奥はほぼ長方形の切石で組まれていく。

キャプチャm3.JPG

キャプチャm4.JPG
アーチができればセントル、足場を撤去し、面壁を仕上げたのち、ウイングを組む。
最後は、所定の高さまでアーチの上に土を載せていき、線路を完成させる。

連休ならではの長文となった。
posted by たけちゃん at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

伊賀から自転車で

20170503_112340440.JPG

2日、朝から自転車を担いで電車を乗り継ぎ関西本線の島ケ原駅へ。着いたら11時。
この近辺のレンガアーチなどを探訪。
首尾よく、何か所か見られた。

IMG_1620.jpg

月ヶ瀬駅前にできた道の駅が昨日テレビにも紹介されていたので、行ってみた。
地元でとれる山菜やお茶を販売していた。

IMG_1648.jpg

お茶のソフトクリームは味音痴の自分にもわかるほど濃厚だ。
1時間に1本の電車を待つよりもそのまま木津駅まで走ろう。
大河原駅を過ぎ。恋路橋を上から臨み、木津川橋梁のトラスに惹かれ立ち寄ると、デカい橋脚!

IMG_1661.jpg

木津に着くとサイクリングロードがあったのでこれで行こうかとチャリを漕ぐ。
三川分岐点まで24km(山崎あたりだ)

IMG_1683.jpg

IMG_1684.jpg

「流れ橋」を見るころには疲れて下まで見に行くこともしない。

IMG_1686.jpg

三川分岐点から淀川沿いのサイクリングコースで枚方大橋まで行く
途中、やっとのことで見つけた自販機は関西医大に面した箇所だ。そこに残念石の説明板があった。

IMG_1690.jpg

枚方大橋を渡り、高槻、茨木へと帰る。
月ヶ瀬が1時半。帰宅したのが7時半。6時間。
帰り道75km。

posted by たけちゃん at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

柘植駅〜伊賀上野 関西本線輪行

 4月30日 鉄道遺産探訪の空白箇所を埋めようと思い関西本線柘植駅まで自転車を担いで探訪に出た。
電車の連絡がこの上なく悪い。柘植に来るのに東京に行くほど時間がかかる。8時半に家を出て柘植駅に着いたのが12時だ。時間の流れがゆったりしている。
 柘植駅前で自転車を組み立て関西本線の伊賀上野方面を目指す。
途中、「横光利一 文学碑」という案内もあったので立ち寄る。

IMG_1568.jpg

 木漏れ日の中に優美な書体で何やら刻まれているが読めない。
後で調べると、利一が子供の頃、母の実家のこの地に棲んでいたので記念碑が建立されているそうだ。

 線路沿いに走る。田植え時期だ。

IMG_1575.jpg

黄色い花が見える。

IMG_1576.jpg

IMG_1577.jpg

確かに「七の花」の幟。菜の花ですか。

本業回帰
■河合川橋梁
IMG_1583.jpg

IMG_1584.jpg

IMG_1585.jpg

足元に境界杭
IMG_1586.jpg

あっそうか!
IMG_1589.jpg
マンホールの「あやま」はこれか。

■ガータ橋のレンガ積橋台
レンガアーチは少ない。ほとんどがレンガ積橋台を持つガーター橋だ。

IMG_1590.jpg

橋台隅角部が工夫されている。初めての仕口だ。

IMG_1591.jpg

■レンガアーチ
伊賀上野駅を過ぎた。
以前も来たが、そのときも降りなかった。
今回も疲れたのでやめた。

IMG_1613.jpg

IMG_1611.jpg

伊賀上野駅に戻り柘植、草津、京都、高槻と各駅停車の旅で7時帰宅
posted by たけちゃん at 09:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする