2016年07月30日

入星谷囲渠  山陽本線 三石〜上郡

キャプチャ730map.JPG

二橋を見て注意深く築堤を見つつ自転車で走る。村の一角にあった。

IMG_0816.jpg

入星谷囲渠と壁面に書いてある。

IMG_0814.jpg

「囲渠」とは聞きなれない単語だ。検索サイトで検索しても新聞サイトであろうとも近代デジタルライブラリーであろうとも出てこない。
「囲う」に隠すという意味があるそうな。暗渠ということなのだろう。

sIMG_08151.jpg

sIMG_08231.jpg

黒レンガと赤レンガが付き合わさっている天井

壁面はまだら模様(ポリクロミー)
IMG_0820.jpg

入口の下部の隅角部には弧状レンガ

IMG_0824.jpg

小さいが非常に意匠に凝ったレンガアーチ橋だ。

複線化に伴うアーチ延長増結。その接続箇所

IMG_0821.jpg

このアーチ橋がおもしろいのはどうやら当初は「囲渠」の名の通りただの水路であったような気配がある。
壁面をみると泥跡が残る。
アーチ橋周辺も開削されて土止め壁(擁壁)が作られている。
IMG_0831.jpg

IMG_0832.jpg

採寸値をもとに立体CADで作図

当初
キャプチャ7301.JPG

人が通れるように改修

キャプチャ730.JPG

幅員 1.83m
延長 10.57m(赤レンガ)+4.56m(黒レンガ)
高さ 2.2m

年表を調べたら
 1891(明治24)年 山陽本線 神戸〜笠岡開業
 1911(明治44)年 複線化。したがってこのとき「囲渠」も増結延長されたのであろう。
posted by たけちゃん at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする