2016年04月26日

大師16号橋梁(3)

ノコギリ歯でありながら水平積みのレンガアーチの大師16号橋梁は1925年(大正14年)建設だと言う。

IMG_0285.jpg

東海道線の各種のレンガ構造物やねじりまんぼが1876年(明治9年)であるから半世紀の差がある。

 小野田滋「鉄道と煉瓦」(P127)では
「”ねじりまんぽ”で設計されるべき条件を持つ斜めアーチ橋でありながら一般のアーチと同様に煉瓦を水平に積んだ構造物も若干数存在しており、大阪環状線・桜ノ宮高架橋や南海電気鉄道高野線・大師16号橋梁などの例がある」
大阪環状線・桜ノ宮高架橋」。
近いところだし、見に行きたい。

 Webを検索していたら愛媛県大洲に旧山高川橋梁というレンガアーチがあり、大師16号橋梁と同じノコギリ歯で水平積のアーチである。こちらは1918年(大正7年)。大師16号橋梁より先輩になる。

 明治初年お雇い外国人の指導のもと建設された東海道線ねじりまんぼも時を経てねじらない「ねじらーず」が出現しだした。そう解釈していいのかな。

 桜ノ宮駅の高架橋はいつできたのだろうか?
調べていたら
1898年(明治31年)4月27日:桜ノ宮駅開業。
あしたやん。118年前やけど。 

posted by たけちゃん at 23:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする