2015年12月20日

JR奈良線

 ブログ更新がしばらくなかった。
ネットで動画を見たり、本を読んだり。
朝井まかてにはまって7冊目になる。

 久しぶりに朝から出かけ鉄道遺産のレンガ構造物を見に行く。
京都駅近くのレンタサイクルで自転車を借りる。
奈良線に沿って南下する。
途中、鴨川橋梁、高瀬川橋梁のレンガ橋台を撮影。
京都管内のレンガ橋台は原色ペンキで塗装されているので風情はない。

●鴨川橋梁
DSCN9462.jpg

●高瀬川橋梁
落書きされてどうも有難味はないが円弧状のレンガを隅角部で使われている。
DSCN9467.jpg

奈良線沿いに行くと斜め横断した鉄道橋の橋台があった。京阪電車のようだ。
DSCN9417.jpg

その先に京阪電車の旧変電所がありレンガ暗渠が見える
DSCN9423.jpg

DSCN9424.jpg

川は進入防止のため立入禁止柵が施されている。上流から行けないものかと道を変えると東福寺に出た。

DSCN9430.jpg

DSCN9428.jpg

屋根付きの橋もあった
●臥雲橋
DSCN9433.jpg
愛媛の内子の田丸橋にも屋根がかかっていた。2例目の遭遇だ。

伏見稲荷を50mほど超えたところにランプ小屋があった。
●ランプ小屋
DSCN9435.jpg

説明板にはかってはこの地を東海道本線が通り滋賀県の浜大津に通じていたと書かれていた

桃山あたりまで走る。構造物は整備されコンクリート構造物に取り換えられたようにも見える。

DSCN9440.jpg

レンガでできていれば「ねじりまんぼ」だろうに。

空がいやに曇ってきた。
早仕舞いだ。
posted by たけちゃん at 08:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする