2015年10月14日

作図 高内西橋梁

 3次元CADのSketch Upに苦戦しているが2次元CADで作図してみた。
現場での採寸は一人作業で、精度は高くない。mm単位表示だがそこまで精度はない。

DSCN8979.jpg

DSCN8978.jpg

坑門の傾斜は写真を見てこれくらいの傾きかなという程度の精度だ

キャプチャ11111.JPG

鉄道線路と河川の交差角は約60°だ
キャプチャsita.JPG

キャプチャtt.JPG

今回は上図の真ん中の例に当たる(レンガを水平に積んだ斜めアーチ

作図図面でスパンS=7620mm。
ライズr=2465mm

r/S=2465/7620=1/3.09
ライズ比というのだろうか 3.09というのはどんなもんだろうか
多分、設計は3.00ではなかろうか。その差は計測誤差、施工誤差ではないだろうか。

S=7620mm=250フィート
250÷3=83.33フィート=2540mm
今回r=2465mmとしたが2540mm(83.3フィート)が正解なのかもしれない。

posted by たけちゃん at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする