2015年01月10日

福井県立恐竜博物館 原始鳥類の化石

 3連休。
福井県立恐竜博物館に行く。
京都駅8時11分のサンダーバードを昨晩ネットで予約。9時35分に福井駅。えちぜん鉄道で小1時間ほど。
11時頃に到着。

s-DSCN6766.jpg

動くティラノサウルスはもうおなじみだ。

s-DSCN6771.jpg

全身骨格の90%が本物の化石で構成されたカマラサウルス
鏡に自分も入れて撮影

s-DSCN6796.jpg

今日はお客さんが少ない。ガラガラだ。独り占めだ。

それで、最近発見されたという原始鳥類の化石を見る。

s-DSCN6811.jpg

30cm×40cm位の箱。骨格というと太さが3mm程度。それが重なっている。
枝が重なり合っている感じ。

その復元図というか想像図

s-DSCN6810.jpg

ちなみに始祖鳥

s-DSCN6825.jpg

その化石標本

s-DSCN6828.jpg

骨だけでなく羽毛が土に押し付けられ石化して陰影を残している
始祖鳥の前の「原始祖鳥」(プレ始祖鳥)

s-DSCN6824.jpg

帰路、えちぜん鉄道で雪が雨になったり、また雪になったり。
どこにも立ち寄らず帰阪。
posted by たけちゃん at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする