2010年07月30日

福井県立恐竜博物館

 朝一番に家を出て京都駅を7時半過ぎの特急サンダーバードで一路福井へ。
福井駅からは「えちぜん鉄道」という単線の1車両の電車に乗る。

アテンダントさんが乗っていて、一人ひとりの面倒を見るぐらい気を使ってくれる気持ちの良い電車だ。

前回はおばあさんに親切に案内していた。今日は家族連れの対応で、駅に降りたあと道がわからないという。すると、どこからか道路地図を持ち出して来て懇切に説明していた。車内で道路地図持ち出して案内してくれる車掌さんはいないよな。

20100730_201338469.JPG

「開館10周年記念特別展 アジア恐竜時代の幕開け-巨大恐竜の進化」が常設展以外に開かれている。

大陸移動に伴い恐竜も地域ごとに独自性を持つようになる。
大陸移動でアジアという地域が集合するようになり、海ができたり山ができたりして陸路を塞がれたアジア側の恐竜達はアジア独自の恐竜へと進化する。

そんな、理屈は今回はなし。

trexrobo.JPG

Tレックスのロボットが正面で待ち構え、首を、口を、体を動かす。

hole.JPG

このTレックスーロボ。

お尻を見上げるときちんとついている穴がついていた。

ウチンもおしっこも卵も全部まかなう穴。

そこまでやるかという感じ。ロボット屋さんに敬服。

マイアサウラさんは表敬訪問の意味でパチリ

maiaface.JPG

赤ちゃんから成体までの顔だ。

今日のテーマは恐竜の「足フェチ

恐竜模型で足と手がわからん。

さきほどのTレックスロボ君

foot2.JPG

Tレックスの筋肉骨格模型

foot1.JPG

恐竜化石と模型を「足フェチ」で撮る

fukui.JPG


なんだかんだで120枚以上の写真と、特別展の冊子と恐竜博物館オフィシャルモデル第2弾「フクイサウルス(復元モデル)を購入

730text.JPG

posted by たけちゃん at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする