2010年07月02日

マイアサウラ 写真合成

■画像修正・合成
マイアサウラ 写真1
qP1010426.JPG

写真2
qP1010427.JPG

写真3=写真1+写真2 合成
qqP1010427.JPG

マイアサウラ作成で気分転換したところだが、最近、知的刺激がなくぼーとし過ぎているのでないかい?と自省しているところ。

■「ねじりまんぼ壁面撮影システム」
「トンネルの壁面撮影システム」というものがあり、トンネル壁面を撮影し、画像処理して展開図を作るというものがある。

トラックに10台はあろうかカメラを壁面に四方八方に向け、壁面を撮影したり、水路などではトラックに代わる台車を用意したり、人が入れない管路では自走式の台車にビデオカメラを搭載し、それを静止画に変換。この静止画をつなぎ合わせ絵巻物のようにした壁面、管路内面の展開図を描写するというものだ。

壁面(管路)のひび割れや損傷を把握していくというものだ。

一定の計測データがあればCADで展開図も書けるし、書いてきたが実際の展開写真があればと思う。

いわば「ねじりまんぼ壁面撮影システム」を考えるときがある。

一番の最初の問題は人通りが多いことだ。

蹴上のねじりまんぼの撮影でも入口、出口を撮る人は多いが、中で壁に向かって写真を撮るのは、若干の勇気がいるもんだ。

あわてる。

当局の専門家ならば、交通遮断もできるが、素人のマニアがそういうこともできない。
なにか良い方法はないか?

朝、人通りのないとき台車がわりの自転車にカメラを天井に向けて写真を撮る?

旅行用のキャリーバッグにカメラをつけて撮影する?

入り口から何メートルのところで撮ったかのデータも欲しい。

巻尺で計るのも、観光客のなかではねえ・・・

考えればなにか盗撮めいている。

ある種、撮影しているのがわかるように、それでいて不自然でない撮影の仕方・・・

撮った写真はマイアサウラのように合成できる。

蹴上のねじりまんぽは巻き過ぎと思っているが、交差角は文献によるものだ。

それを測るとなるといよいよ測量隊を編成しなければ・・・

なにかスマートに写真撮影できないものかと寝床で想像する。

良い方法ないかな?

posted by たけちゃん at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする