2020年02月01日

66歳

 66歳の誕生日。
しゃべる目覚し時計が「お誕生日おめでとう」と声をかけてくれた。
そうか、誕生日だ。

この間、運転免許証の更新を済ませた。
写っている写真にゲッソリした。髪の毛が薄く額が上がり、まこと「年寄り」が写っている。

リタイヤして車を運転する機会もない。ただ、失効するのは惜しいという気だけで更新した。

毎朝のウォーキングにサイクリング。体重計に乗り、体重をチェック。
朝晩の血圧測定。食後の薬。
14日に日赤で定期的な診察。

市と大学の共同でアンチエイジングの講座が11月にあった。筋肉量の計測やらをした。
1日おきに簡単な筋トレの課題を仰せつかった。
これも2月の半ばまで。どう変化するのか調べるようだ。

週に1冊程度の割で本を読む。
丁度、先ほど、内館牧子の「終わった人」を読了。

終わった人でもある小生は、最近は「羽ばたき飛行機」を作った。

20200201_82847541.JPG

ゴム動力でバタバタと羽根を動かすのだが、飛ぶというより滑空してぽちゃんと落ちるのだろう。
飛行時間が少ないから羽ばたく回数も10回を超すだろうか。
なんせ、屋外でやらない。部屋でやるものだからタンスや壁に衝突して敢え無く墜落。

「斜架拱」の原本”A Practical and theoretical essay on oblique bridges”の第3版をWebで見つけた。
訳した第2版、第4版と照合している。


posted by たけちゃん at 09:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

羽ばたき飛行機

You tube!を見ていたらいつの間にやら”ornithopter”(羽ばたき飛行機)の画像が集まりだした。
プロペラ式のゴム動力の模型飛行機のように紙製の翼に木製の機体。羽がカム機構によりバタバタと羽ばたく。

投げる。滑空する。その間、羽根をバタバタする。 そんな、程度の「飛行」からまこと、「飛んでいる」と言えるものまでいろいろある。
ゴム動力式からモーターを装着したラジコン機もある。

手慰みというべきか。
作ってみた。

20200110_162259982.JPG

20200110_162317813.JPG

滑空どころか「バタバタ」もせず墜落

初めはこんなものよ。

翼竜君が飛ぶわが部屋にバタバタ飛行機が追加された

20200110_162509413.JPG
posted by たけちゃん at 16:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

2020年 令和2年 元旦

2020happynewyear.JPG

posted by たけちゃん at 06:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

「斜架拱」資料用 本ケース

 年末の朝、ふと見ると虹が。
今朝は寝過ごし散歩を止めた。何より寒い。

20191227_101701561.JPG

今年は「斜架拱」の読み下し文や現代語訳、スポン氏の斜架拱に関しての記述の和訳。「斜架拱」の原書となるジョージ・ワトソン・バックの”ESSAY ON OBLIQUE BRIDGES”の和訳などをした。

プリンターで印刷したものをクリアファイルに入れて冊子にしたが、使う時についつい積読(つんどく)になる。
すると、たちまちに崩れ落ちてしまう。
 そこで、本用の紙箱、本ケースを作った。
暫時でも常時でもとにかく収まりがよかろうと思い・・・

IMG_4865.JPG

段ボールで箱を作り、和紙を張った簡単なものだが、満足。

IMG_4866.JPG

20191227_101958326.JPG
posted by たけちゃん at 10:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

近況

 5年近くなるデスクトップパソコンのモニターが何やら怪しい。
画像に影がつくような感じだ。使い切ったという感じだ。本体を含めパソコン一新までする必要もなかろうと思い、モニターのみ交換。
 パソコンと同じくヒューレットパッカードのモニターで21インチ。
物を置いた机の上で丁度の大きさだ。
明るく、鮮明だ。

IMG_4844.jpg

 アマゾンの恐竜フィギィアを見ていたらちょっと良さそうと思ったのがシュライヒ社のスティコラサウルス。
動き出しそうな造形もいいし45%引きというのもイイ。手のひらサイズである。

IMG_4846.jpg


IMG_4850.jpg

IMG_4852.jpg

 ウォーキングは毎朝100分1万歩。昼前にチャリで1時間余りの走行。
写真はチャリで行った淀川河川敷。向こうに大阪市内のビル群が見える。

IMG_4843.jpg

 無精ひげを生やすがままにしている。
口ひげは黒く、あごに生えた奴は白い。
年末くらいまでもたそうかと思っている。
posted by たけちゃん at 14:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

木形と呼ばれたもの 石切り定規

紅葉を愛で満月の輝きに少しばかり感動し、落葉が始まった。
「斜架拱」と同書の原書をもとに「石切り定規」の模型を作り使い方に思いをはせた。

IMG_4798.jpg

IMG_4809.jpg

IMG_4813.jpg

DSC_0518.jpg

「斜架拱」
表紙.jpg

斜架拱すなわち「ねじりまんぼ」なのだが、わが国ではレンガ製のねじりまんぼ、斜めアーチ橋しかないが、「斜架橋」の原書イギリスでは石製のねじりまんぼがある。
石製のねじりまんぼを築造するのに、アーチを構成する石を弧状にねじれた形状に整形する作業が必要である。
これは、アーチにしてから削るのではなく、石を据え付け前にしかるべき形状に整形加工しておく必要があった。
その、石切を行うための治具、定規を「石切り定規」と勝手に命名した。

ちなみに「斜架拱」では「左のごとき木形」と称し図面を紹介している。
13図.jpg

使い方はアーチ正面になる面に突き出た棒の部分を石面に密着させ、木枠によりアーチの軸方向、軸直行方向を見出すものであり、次のような図が掲載されている。

14図.jpg

これがどうも想像できないので模型を作ってみた。

20191120_81811651.JPG

IMG_4821.jpg

IMG_4826.jpg

IMG_4830.jpg

IMG_4831.jpg

150年以上前のイギリスの石製ねじりまんぼ構築用の一道具に過ぎない。

もはや、必要とされないものではある。ただ、気になっていた。

posted by たけちゃん at 08:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

ルーチングな日々

 昨日は立冬
最低温度が10℃、昼間で20℃

朝の5時前には目を覚ましルーチンワークが始まる
血圧を測り、記録し、図書館で借りた本を読む。
6時頃よりウォーキングを90分。1万歩。

朝の4時から開店するパン屋で買ったパンを食べ、NHKの連続ドラマを見る。

100年以上前、石で作った斜めアーチがイギリスにあったが、これを作図したりする。いわば趣味の時間である。これを1時間かける。
部屋の掃除をしてから自転車で1時間余り走る。これで、大体、11時過ぎとなる。

IMG_4798.jpg

ウォーキングとこの自転車走行で500数十キロ・カロリーを消費する。
エクセルにこの計算式を組み込んだ表に体重と歩行時間や走行時間を入力し、消費カロリーを確認する。

昼から、引き続きアーチの作図やなんやらをする。

かくして、読書60分、アーチに100分で160分
ウォーキングに90分、自転車走行に60分で150分
両方で300分余り、5時間

如何に計画的にカロリー消費をしたといえどもこの1か月は体重減少が止まった。

1週間ほど前、近くの大学と市とが協賛した健康講座に出た。
体脂肪率や、筋肉量やらを精密に測ってくれた。年相応の値であった。

ところが、「糖化度計」というもので「糖化度」「糖化年齢」を実測していただいたところ糖化年齢は86歳という超老化に驚いた次第である。
食生活を改善しないといけないようだ。






posted by たけちゃん at 08:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

関数電卓

 先週14日に高校の同窓会があった。卒業して半世紀弱である。
「半世紀」というと時代がかっているが、計算が邪魔臭くなるこの頃である。

それでも、「斜架拱」の原本を訳したりする中で、三角関数やら角度でもって計算することがある。
専ら、パソコンのエクセルなど使うが、関数電卓のほうがやはり話が早い。
そんななか、何年も使って来た関数電卓が「プチ!」というはじける音と共に「切れてしまった」

アマゾンで関数電卓を探したら、驚きの金額
たったの1400円。配達料無料で翌日到着。

s-IMG_4705.jpg
左;スマホ、中;前の電卓 右;新電卓

初めて関数電卓を手に取ったのは大学2年の夏。
工学部にいたので計算は必須。にもかかわらず、当時は「計算尺」なるものや、「三角対数表」という分厚い本を使って三角関数やら対数計算をする。ちんぷんかんぷんとも言うべき世界である。
それが、夏休みにカシオやシャープから関数電卓が発売された。

夏休みが済んで学校へ行くとクラスの殆どの者が関数電卓に鞍替えしていた。

当時「カシオfx10」というのを買った。25000円ほどだった。大学を卒業して初任給が大体10万円の頃であるから、かなり高価なのがわかる。夏のアルバイト料をつぎこんだ。

それが、いまでは1400円。

s-cas.jpg

s-cas2.jpg

逆輸入とやらで取説に日本語は一文字もない。
全然、問題ない。

ソーラー発電なのでボタン電池が不要。ここも驚き。
posted by たけちゃん at 07:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

津山線輪行5 レンガアーチ「つやま4171」

 津山線野々口駅を超え、十谷という表示板があった。

map4171.jpg

目を転じるとレンガアーチ橋があった。
「つやま4171」という表示がある。(文献によると「第八架道橋」)

IMG_4691.jpg

IMG_4692.jpg

IMG_4693.jpg

IMG_4694.jpg

例により撮影と採寸をする。

径間長2.44m、レンガ4巻で、面壁、側壁は石を積んだもので、長さ19.5m

IMG_4695.jpg

IMG_4696.jpg

IMG_4697.jpg

IMG_4698.jpg

IMG_4699.jpg

立面図.jpg

もう1基近くにあるはずだが草に覆われ、見通しも悪く、そこかと思われるところまでの足元も悪そうであきらめた。

自転車で走る道は、始めは線路沿いであったが途中、鉄路はトンネルへ。
こちらは、その山を超えねばならない。
車1台ほどしか通りそうもない砂利の坂道を行く。
思わず、スマホのナビの音声案内を使う。

IMG_4700.jpg

さすが、ナビと感嘆!
20分ほどの悪戦苦闘もきっちり津山線牧山駅まで案内された。

IMG_4702.jpg

IMG_4703.jpg

IMG_4704.jpg

無人駅で、小さなフェンス1枚で道とプラットホームを分けている。
プラットホームにある時刻表を見れば次の電車まで1時間。

走ろう。
チャリで岡山駅まで走る。
とにかく走る。1時間ほど。途中のコンビニでペットボトルの一気飲み。
無事、ミッション終了。
posted by たけちゃん at 15:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

津山線輪行4 矢穴と鉄橋とレンガ暗渠

自転車で岡山に向けて南下。県道13号線。

mapmyoukakuji1.jpg

途中、常夜灯が見えたと思ったら直ぐナマコ壁の建物。
「御津町郷土歴史資料館」だとか。

IMG_4649.jpg

まだ、見るところもあるので、パス。
ところが、この資料館を少し行ったところで白い石垣に目を見張った。

IMG_4655.jpg

「矢穴」である。
かなりの数の矢穴である。

IMG_4651.jpg

IMG_4652.jpg

IMG_4653.jpg

「妙覚寺」というお寺である。
このお寺は明治時代に建立され。この寺の背後にそびえる山の頂、上記地図で言う「城山」にあったお城(金川城とも玉松城とも言うらしい)の石垣を流用したことを後で知った。

その妙覚寺の前に宇甘川橋梁がある。
川岸に川船がつながれていた。
当時は高瀬舟が岡山と津山を往来したという。

IMG_4673.jpg

IMG_4669.jpg

ここにもクレーブランド・ブリッジ社の銘板(1897年)があった。

IMG_4678.jpg

IMG_4679.jpg

この橋の下をくぐって直ぐのところにレンガアーチの暗渠

IMG_4680.jpg

IMG_4681.jpg
posted by たけちゃん at 15:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする